[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

名古屋市科学館見学2013/07/24 23:14:51



プラネタリウム以外にも折角なので、特別展「深海たんけん!」も観覧してみるか。


地球深部探査船 ちきゅう

これは深部地球探査船「ちきゅう」これで地球内部に穴を空けてボーリングし、地層を調べることで地球を色々知ることができる。ボーリングサンプルは随所に展示してあった。



現在の太陽を追尾し、丸いスクリーンに随時映し出している。天気によって見えないことがある。黒点はくっきり写っていた。



上から太陽光が誘導されている。自動追尾とはハイテクだな。



H-ⅡBフェアリング。



ハニカム構造。


実物だったのか。



逆さまの日本地図。


下から見た震源地を表現した地図だった。


ダイオウイカ模型

いきなりグロテスクなこのアングル!w 



ダイオウイカの模型だ。人間と比較してみると、とっても大きい。



リュウグウノツカイ。大きいし長い。



しんかい6500の1/2模型。模型とはいえ、精巧に作られている。



フロント部分。



予約して体験するコースが3つあり、マイナス30℃を体験できる極寒ラボ、竜巻実演の竜巻ラボ、そして、テスラコイルなどで強力な稲妻が観られる放電ラボがある。極寒ラボは残念ながら締め切られてしまったので、放電ラボを観ることにした。



※途中の音量注意!

静電気の実験で見学者が前に出て静電気で髪の毛が全部逆立つとか、大音響の放電で子供がおっかながって泣く子が続出とか、それはもう阿鼻叫喚w 結構楽しめた。
動画にしてみたけど、中々綺麗には撮れなかった。



さて、レストランで腹ごしらえ。ボルケーノカレーなるものを注文してみた。シーチキンのスパイスの効いたカレーだ。



特別展以外にも色々回った。物理的な体験のできるフロアがとてもおもしろかった。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
全角で「あ」をタイプしてください。Japanese language only.

コメント:

トラックバック





Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]