[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

今更ながら有線LANアダプタを購入2019/02/11 21:09:50


BUFFALO 有線LANアダプター LUA4-U3-AGTE-BK

今の大抵のノートPCやタブレットは無線LANが標準で入っているので、有線LANなんて特にないだろうと思っていたが、ルーターが故障したりしたとき、結構不便を感じた事があったので、BUFFALO 有線LANアダプター LUA4-U3-AGTE-BKというのを買ってみた。併せて10ギガビット対応のケーブルも購入。



こんな小さなアダプタで済むのか。以前ならPCMCIAカードを使ってLANカードを刺していた10年前の時代から進歩している。こんなの何で売れているのと思ったのだが、ニンテンドースイッチやオンラインゲームでは通信の安定が勝負の分かれ道となるというのが、触れ込みの様だ。

尤も、地方のホテルや会社の会議卓のLANは、まだ有線LANとかの対応だったりするので、それなりの需要はある模様。


ケーブルはLANケーブル CAT7準拠インターネットケーブル 結束マジックテープ付き (3M, ゴールド)というのを買った。これがごっついんだわ。確かに高品位ケーブルだけど、持ち運びにはあまりお勧めしない。



さて、これをLenovo YOGAに接続。このPCはUSB Type2のマイクロUSN給電ポート兼用のが1つだけなので、外付けのOTG対応のアダプターをつける。



あ、これは以前にも説明したかもしれないが、充電しながらUSBハブ機能が使える代物である。これがあればUSBを使いながら充電(といっても2Aアダプターなら徐々に減っていくが、動作時間をのばすという意味で)できるので、結構重宝する。

ルートアール 充電可能OTG SDカードリーダー付き2ポートUSBハブ + 超急速充電microUSBケーブル RUH-OTGU2CR+C

この前壊れてしまったので、新しく買い換えた。



原因はこちら。PC付属のUSBアダプタがパワーデリバリー対応なので、



5V以外の高い電圧がかかってしまって回路が壊れたのだ。OTG対応のUSBハブは、USBアダプターがパワーデリバリーだと使えないという事だけ覚えておいた方が良いだろう。
なので、別の5Vだけ出すUSBアダプタをつないで使っている。



さて、有線LANアダプタの接続。Windows10ならドライバーすら要らない。



あっさり接続。Windows7とかはバッファローからドライバーをダウンロードして対応できる様だ。



一応スピードテストしておくか。いつものSpeed test by Ooklaで。
まずは無線LAN。通信に多少の揺らぎはあるが、まあ普通。



それでは有線LAN。おや?無線LANと変わらんw グラウを見る限りではちょっと安定しているなという程度。今や無線を有線にしたところで恩恵はあまり受けないのか。



それじゃあ、自分のデスクトップで動かしてみる。※もうじき5年経つのか。
あれま、受信が断然速い。という事は、速度はパソコンの性能に左右されるのか。

有線LANにすれば、もっとこう劇的な変化がでるかと思っていたのだが、結局はパソコンの処理速度が重要なんだな。





アサブロの「保護されていない通信」はいつになったら対応するのだろう?2019/02/04 00:00:48


アサブロの「保護されていない通信」はいつ対応するのか?

ブラウザが新しくなって、セキュリティが強化されてきたのだが、アサヒネットのこの「アサブロ」はセキュリティの対応が遅れている様だ。

サイトはプライベート接続を使用していません。このサイトとの間で送受信される情報は、何者かによって表示または変更される可能性があります。

サイトによっては、次の手順でページのより安全なバージョンにアクセスできます。

  1. アドレスバーをクリックします。
  2. http:// を消して https:// と入力します。

この方法でページにアクセスできない場合は、HTTPS を使用してサイトとデータを保護するようサイトの所有者に依頼してください。


とあって、当然対応されていなかった。恐らく閲覧者には影響はないと思われるけど、編集している私にとってはあまりいい状況ではないのは確かだ。

プロバイダなのに、アサブロはこのままなのだろうか。アサヒネットが、アサブロの人口が少ないから問題無しと考えるなら、それは大間違いである。もしそうなら通信事業者としての資質を疑いかねない。





他にもテレビ局の一部も同じような状況になっている。世の中は、こういうのはあまり危機感を覚えないのだろうか。

あと、Yahoo!ジオシティーズが今年3月末でサービスを終了する。私のホームページも最初はYahoo!ジオシティーズからの延長だった。今はジオシティーズにリダイレクトページがあるくらいで、特に対策していないが、ジオシティーズはユーザーのためにページ保全の案内を出している。
ずっと書き綴ったものが無くなるのだから、今の時代は保全が当たり前と思っている。

アサヒネットのアサブロはサービスを継続できなくなったときどうなるのだろうか。そうなると10年弱の記事は全部パーとなるわけか。現実問題、手動バックアップは不可能。

プロバイダとしての保守アナウンスなどはメールで定期的にやってくるが、アサブロは今はアサヒネットにとってメンドクサイ存在になっているのではと思ったりするこの頃である。

まあ、アサヒネットが通信事業者である以上、セキュリティは何とかしてほしい所である。


パノラマ写真をPCで作成(フリー)Image composite editor2019/01/21 00:36:30


Image Composite Editor

スマホのカメラで水平移動か垂直移動しながら3枚くらい写真を撮ると、自動的にパノラマ画像になってくれることに前回驚いたのだが、そういえばパソコンでパノラマ作るときどうしたっけ。
そういえば昔キャノンのプリンターについてきたパノラマ生成ソフトを使っていたな。
ずっとそういったのを使ってなかったから、今だとどうすればパノラマ写真ができるのか調べてみた。

色々候補があったが、マイクロソフトのImage Composite Editorというのがフリーでよさげ。早速ダウンロードして使ってみた。32ビット版と64ビット版があるので使用しているパソコンの環境に合わせてダウンロード。



起動すると、中央に宣伝が出ている。まあ、最近のスマートフォンも宣伝が普通に出てくるのが当たり前になった時代なので、こういうものだと割り切る。表示は全部英語だが、これも特別な事をしなければ問題にならないだろう。



ここでエクスプローラなのでパノラマにしたい画像をドラッグドロップ。まとめてでもひとつひとつでもOK。並びの順番は日付順かファイル名順になり、パノラマが右方向か左方向かは特に気にしなくて良い。自動的にやってくれる。Nextをクリック。



画像のロール等を調整。色々できるみたいだが、お任せであればNextで。



トリミング。好きな構図をマウスで合わせてNext。



問題なければファイルの書き出しを行う。



はい、パノラマの完成。私の例では適切な写真でなかったけど、真面目に撮影した写真ならきれいにつないでくれる。



終了するときはXをクリックすればプロジェクトのセーブを聞いてくるが、再利用しなければDiscardで良いだろう。

ざっくりと使い方を説明したが、もっと色々機能があるので、色々いじってみて好みの設定を見つけてほしい。


パソコンメンテナンス2019/01/04 22:32:44



正月も残すところあと3日。そういえば引っ越してからパソコンの掃除をしてなかったな。
というわけで、引っ越してから初の分解掃除。1年半ぶり位か。

パソコンメンテナンス

開けてみたら、思ったよりホコリが少ない。前の部屋だと半年くらいでこれくらいのホコリになっていたのだが、この部屋は脱衣所が別にあるからホコリがたたないのだろう。



フィルターはそこそこ汚れていたので交換。フィルターはこのマスク。



ホコリを取るには機能的で、しかも安い。ハサミで大きさを合わせて、



フィルターをセット。掃除機でほこりをとる。パソコンのメンテナンスは10分足らずで終了。



問題はこのあと。いやぁ、こんなに配線があると何が何だかw
一応外したコネクターすべてに番号シールを貼って、デジカメでコネクター状態を取っていたが、



この形になるまで4時間以上かかった。ついでに古いケーブルとかACコードも一新。



DXFファイルを表示する方法2018/05/12 02:07:19



機構図面などでは業界標準であるDXFファイル。それを見るためにはソフトが必要だが、幾つかを紹介しておこう。まずはDraftSight。あのSolidWorksでもおなじみDassault Systèmesのアプリ。
これはビュワーというよりも2次元CADなので、図面が普通にひける。

以前にもレビューしたのでご参考までに。





但し、これは一定期間おきにアクティベーションが必要なのと、企業や学校などでネットワークのセキュリティが高いところでは、アクティベートができない場合が多い。








Autodesk Viewerはメールアドレスを登録することでオンラインにてDXFファイルを表示できるようになる。



IEやChromeで起動。初期画面はシンプル。ここにDXFファイルをここにドラッグ&ドロップするだけで表示する。表示には少し時間がかかるが、



このように開く事ができる。この手のCADは真ん中のボタンを押しながらマウスを動かすことで図面を動かす。



メールの登録やらオンラインに不安があるのであれば、オフラインで使用できるDWG TrueViewがよい。


Autodesk DWG TrueView

起動画面後にファイルの関連付けを聞かれるが、適切な設定をしておけばOK。私は特に関連付けしなかった。



ファイルをドラッグ&ドロップするか読み込むとすぐに表示。普通に便利にDXFを閲覧できる。
Design Reviewを更にインストールすると、コメントなどを書きこめるようなので、開発途中のやり取りに使用できる。
強いて欠点を挙げれば、フォントサイズがちょっと違う図面があったりする。しかし、DXFファイル自体は長年の歴史から完全に互換性が保たれないので、寸法や図面の基本的な部分が正確に表示される唯一のビュワーだ。



右上にある東西南北をマウスでぐりぐりすると、こんな表示もw 上をクリックすればもとに戻る。
3Dでできた図面では有効に動作するだろう。



WedmSeeははWindows10のみ動作するマルチなビュワー。
DXF以外にもjpgやpngなどのファイルも開ける。ダウンロードはこちら



残念なことに日本語の絡んだフォントのDXFファイルは表示されない様だ。またファイルの相性もあるようで、上の様にいくつかの情報がうまくく表示されなかった。バージョンアップに期待したい。


総評として、スタンドアロンで動き、正確な表示が行えるAuto Desk のDWG TrueViewがおすすめだ。





【これは便利!】すぐ使えるフリーソフト8選の紹介2018/05/09 01:39:44

Windowsマシンは仕事でも趣味でも欠かせない道具ではあるが、オフィス関連のツールやメールは別として、一番骨の折れる作業がデータの加工。写真なら小さくリサイズしたいし、データーなら比較などをしたい。PDFを作成するにもオフィスでは名前を付けて保存でPDFだったり、そもそもオフィス以外のアプリケーションではPDFが出力できなかったりする。

今回はそれらを含め、私が便利に使用しているフリーのソフトウェアを8つ紹介しよう。


【1】CubePDF Utility 


PDFを多彩に編集できるのが大変すばらしいフリーソフト。PDFファイルのページ数を入れ替えられる、別のPDFと結合できる、PDFの文書をページ単位で回転できる、編集したPDFは保存可能(一部を除く)
インストール時にツールバーのインストールの質問があるので、よく読んでインストールをおこなう。64ビット版あり。



【2】cube pdf


先ほどは編集ユーティリティだったが、これはPDFのプリンタデバイスとして組み込める。
マイクロソフトオフィス製品は、名前を付けて保存の時PDFを選択すればPDFを出力できる仕様になったが、


これを組み込めば、印刷時にcube pdfをプリンターとして選択するだけで、手軽にPDFが出力できる。64ビット版あり。



【3】Paint.net


マイクロソフトのペイントよりも、とても強力でレイヤーの扱いが理解しやすく、覆い焼きや差分などの画像演算が簡単にできる。
画像を編集しながら、コピー&ペーストでワードやエクセルへの連携がとても簡単。また、編集画像を何枚も立ち上げる事ができる。

GIMPIよりももっと使いやすい感じの画像編集ソフト。jpgやpngなど色々な画像フォーマットに対応。マイクロソフト ドットネットをインストールする必要あり。
基板などのレイヤーの透かしとかに応用が利く。
またJPGやPNG、BMPなどのフォーマットの異なる画像の変換ツールとしても使える。
お絵かきにも重宝だ。




【4】フォトコンバイン 1.4


画像を複数つなげて一つの画像にするときに、とても重宝する。一瞬で終わってしまう。
田の字や直列、1枚だけ大きくといった多彩な配置をドラッグドロップでも簡単に配置できる。
(適当なフォルダに解凍して使用する)



【5】Ralpha Image Resizer

これは便利、フリーソフト8選の紹介

デジカメやスマホの画像はサイズが大きいので、これをつかって一括で小さくする。画像が大量にあっても、エクスプローラから複数枚をこれにドラッグドロップするだけで、resizeフォルダに自動的にできる。私にとっては必要なソフト。これ以上の使いやすいソフトは無いと思う。
ブログ作成や、大量のピクチャデータを小さく処理したいときは欠かせない。jpgやpngなど色々な画像フォーマットに対応。
(適当なフォルダに解凍して使用する)



【6】df141.lzh


2つのテキストファイルの相違を調べるのに重宝する。例えばソースコードの改版や、CADのネットリストの違いなどを可視化できる。
(適当なフォルダに解凍して使用する)



【7】Diff pdf


PDFの相違点をビジュアルに表示してくれる。テキストでの比較が初期値となっているが、CADなどで出力されたPDFはAppearanceモードにすることで、図形としての相違が浮き出される。
数ドット違いでも相違とみなされるので目安としての使用となるが、人間が目で追いかけるよりははるかに簡単になる。結果はセーブできる。
(適当なフォルダに解凍して使用する) ※リンク間違い修正しました。



【8】sakuraエディタ


EMエディタや秀丸など、色々なテキストエディタがあるがシェアウェアだったり、試用期間過ぎてからは会社では使用不可だったりするのが多いが、このサクラエディタはフリーで、しかも超高機能である。ボックス切り取りとか、GREP検索など、秀丸顔負けの機能も搭載。
実際のインストールは
SakuraDown12f-18_forv2.zip (sourceforge.net) 2017-08-22
を使うと、すべての必要なファイルを手に入れることができる。
(適当なフォルダに解凍して使用する)


これらは試用制限や課金はないが、会社などで使用する場合、今一度会社の情報セキュリティ機関に確認をとった方が良いだろう。
また、一部はwindows10よりも前のソフトなので、全部の動作を保証するわけでないのであしからず。まあ、今のところ大きな問題にはどれも直面していない。


それでは、これで作業が1秒でも軽減される事を祈る( `ー´)ノ


【Windows10】1607以降のバージョンで休止から夜中に電源が入る2018/02/17 16:16:31



最近、朝方にパソコンの電源がついている事がある。パソコンの位置を変更したので、パソコンの電源が夜中についていても気が付かなかった様だ。

いつもはパソコンをすぐに使用できるように休止状態でパソコンを落としているが、それがなんらかの影響で起き上がる。以前にもこんな事があって、
から、電源管理や以前は無効にできたUpdateOrchestratorにある「Reboot」を設定すれば、以降は起こっていなかった。



どうやら、昨年暮れにバージョン1607、いわゆるWindows 10 Fall Creators Updateの大規模なアップデート以降に発生していた様だ。大抵は夜中ひっそりと電源が入り、そして落ちてくれていた様だが、つきっぱなしの時もある。これは気持ちが悪いので以前と同じように修正するも、


win101607以降はReboot権限が変更できない場合がある

なんと、以前は無効にできたUpdateOrchestratorにある「Reboot」が、誰も知らないアカウントとパスワードでしかアクセスできなくなって修正できなくなった様だ。
S-1-5-18ってなんだ?



パスワードなしで入ると、当然アクセス許可がないので、自分のパスワードとアカウントを使って入ると、



アクセスはされたようだが、エラーになってスリープを解除するにチェックが入らない。
先ほどの、Windows10が夜中に勝手にスリープ復帰する場合の解決法 によれば、この部分の回避方法は特殊な様だ。
特殊な方法としてRebootタスクのアクセス権限を変えてWindowsがRebootをかけない様にする方法があるが、特殊なのでお勧めはしていない。


暫定対策として、時間をずらすとか、休止ではなくシャットダウンにするとか、休止したらコンセントをぬくとかの方法しかなさそうだ。

※パソコンによっては問題ない場合があります。


無線LAN親機「WSR-2533DHP/M-CB」購入2018/01/17 17:40:59



2013年10月に無線LAN「バッファロー WHR-G301N」を購入してから4年以上が経ったが、最近無線LANの接続切れが出るようになった。たまに切れて再接続するのだが、Chromeキャストなどの再生が止まったりしていた。だましだまし使っていたが、さすがに精神安定上よくない。さっさと買い換えよう。



というわけで、すぐに届けてもらおうと、またまたプライムナウを利用。2時間で配達してくれるのは本当に便利。Amazonは本屋だったのに大きくなったものだ。


無線LAN親機「WSR-2533DHP/M-CB」購入

プライムナウではそんなに選択肢がないが、Amazonで選定していた機種があったのでWSR-2533DHP/M-CBを購入。無線LANは一年中電源が入った機械なので、4年も持てば十分だろう。



同じくらいのサイズだが、ギガビットイーサー付きで3Gと5Gが使える。設定も随分と楽になったものだ。



設定引っ越し機能があるのだが、設定引っ越し後はブラウザで引っ越し側の設定を有効にしなければならない。これが説明文にかいてないので、結局WiFi機器をすべて登録しなおした。



ここは以前の住まいと違い、一旦光をメタル回線にして送るVDSL方式なので、昔の光より速度がでないとNTT(ドコモ回線にしている)に言われたが、下りは90Mbps以上でているし、のぼりも30Mbps以上出ているから全く問題ない。あと、この無線LANに交換したことでIPV6に対応したことになる。計測サイトはこちら

無線LAN装置は古くなったら交換した方がいいね('ω')



引っ越し完了2017/10/09 21:12:30



8年弱住んでいたこの部屋とも今日でお別れ。
仕事から帰っては息をひそめながら静かに引っ越し準備をしていたが、全部梱包すると私の生活スペースを脅かすので、当日朝から本格的に梱包作業。

引っ越しの段ボールは30個で余裕かなと思っていたのだが、とんでもなく、最後には段ボールが足りなくなり、紙袋などに詰め込んでなんとかなった。おそらくあと10箱位ダンボルールは必要だったんだろう。こんな狭い部屋にどれだけ荷物があるんだよw 引っ越し業者も、この部屋にこんなに荷物があるとは思わなかったと驚いていたw



タイルカーペットをしいていたので、あとが残ってしまったが、どのみち全部張り替えるので問題ない様だ。ちまちまカーペットを設置していた事が、ついこの前の様だ



出ていく前の記録。エアコンもずっとメンテナンスし続けて使っていたな。



隣の部屋と合わせてこのマンションには18年弱も住んでいた事になる。私が関東に来てから一番長い場所であった。



さて、新居には9月30日引っ越し。今までのが6畳だったのが、今度は8畳とちょっと。更に洗濯機は室内、トイレバス別で浴槽が広い物件。ここを探すのにライフルホームのサイトで100物件以上調べた。自分の収入や過去の家計簿から払える家賃などを決めて、最終的にここに決定。
物件を押えた時は、住居中だったので、仮成約から3週間かかった。

無職の頃、引っ越しを考えた事があったのだが、収入のない人が住み替えをするのは難しい様だ。それなので、今が一番いい時期だったのかもしれない。



ドカーンと荷物が運ばれる。いくら広い部屋とは言え、段ボールが30以上もあると圧巻。とりあえずゆっくりやろうなんていうのも、実は段ボールの引き取りまで込みのプランだったので、そのまま開梱作業。夜中までずっと作業していた。

でも、引っ越しというのはとても楽しい。大変だけどワクワクする。あーでもない、こーでもないと考えながらレイアウトを決めていくのも楽しい。



なんだかんだで、結局昔の部屋のレイアウトにしたw その方が荷物がさっさと片付くので、新たなレイアウトは、おいおい考えていけばいいだろう。

インターネットは6日午前中と、管理会社の都合上平日じゃないと開通できないという事だったので、有給を取った。ネットはVDSLだけど、速度が遅くて困ることはない。
その間、インターネットは見られなかったけど、メールチェックとかはスマホで十分できたので、昔ほど困ることもなかった。



そして、今日。棚の中身とか細かい部分の整理がやっと終わった。レイアウトは前と本当に変わっていないw


引っ越し完了

パソコン部分。こちらもレイアウトは従来のままだ。モニターが一つ増えているのは、使っていないモニターをDVD観賞用として使おうかと思った次第。



昔ならアタッシュケースの置き場だったところは、収納が格段と増えたので机としてまるまる利用可能になった。パソコンラックは、市販のラックを買ってきて収納。これで配線も楽々。



楽々とはいうけど、配線を全部ここに集中させたので、とてもカオスな状態になったw



今回捨てたもの
洗濯機(さすがに20年以上使ったのでw 引っ越しの粗大ごみ搬出サービス利用)
洗濯ポール、カセットコンロ、布団、毛布、タイルカーペット(45枚)、防音板2枚(2枚は使用)、カーテン全部、浄水器、コルクボード、プリンター、古いノートPC類、本10%位、衣類10%位、LED蛍光灯

購入・新調
洗濯機(6リットル)、各種トイレ掃除具、風呂用具、アンテナケーブル10M、LEDランプ各種、ラック、カーテン、モニタマウンター、LANケーブル8M等、LEDシーリング、浄水器

変化したもの
オートロック、トイレバス別、VDSL、ガスレンジ、室内洗濯機、角部屋、フローリング

------------

というわけで、引っ越しが落ち着きましたので、ブログのペースを少し上げていきたいと思います。また、2週間の間にコメント書いていただいた方、お返事ができず失礼しました。順次ご返答させていただきます。



Lenovo YOGA BOOKの画面輝度の自動調整を止める方法2017/06/20 19:23:08



レノボ ヨガブックはいつも持ち歩いていて、電池でも5時間以上は余裕で使えて、動作スピードもそこそこ速い。モバイルとして申し分のない性能である。

しかし、あえて気になることがあり、画像の加工などをしていると、暗めのものと明るめのもので、バックライトに明暗の挙動がでるのだ。

これは意外と気になり、いくつかの方法を試みた。グーグルで調べると、windowsの電源設定で、詳細の項目に画面の輝度の自動調整があり、その部分をオフにするというもの。
私の場合、これは最初からオフになっていた。

次に、サービスを立ち上げて、Sensor Monitoring Serviceのプロパティを開き、無効にする方法。こちらも効果なし。

そのまま、あきらめて数か月はそのまま使っていたのだが、USB給電中は自動輝度調整が動作していない。電池駆動だけの問題の様だ。


Lenovo YOGA BOOKの自動画面輝度調整を切る方法

最終的に原因がグラフィックドライバについてきているコントロールパネルの電源設定だった。
これは盲点。おそらく、同じような問題を抱えているモバイル系Windowsのパソコンはこれで症状がなくなると思われる。

windowsのデスクトップを右クリックし、グラフィックス・プロパティー・・・ を選択



すると、インテルHDグラフィックス・コントロールパネルが現れるので、その中の電源をクリック。



その中の延長バッテリー駆動時間とディスプレイ省電力テクノロジーのチェックボックスを両方とも無効にするだけである。

たったこれだけ。これだけであるが、パソコンで写真を加工しているときに、暗くなったり明るくなったりするあの煩わしさから解消されたのはありがたいことだ。

参考になったサイト







Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]