[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

名古屋市科学館のプラネタリウムを観てきた2013/07/23 23:33:59



名古屋方面への旅行の最終章を飾るのは、ここ名古屋市科学館



巨大な玉が印象的だ。この球体の上部が直径35メートルと世界最大のプラネタリウムがある。



真下からさつえいしたら、普通のカメラではフレームアウトする。



抽選による方法もあるが、よく外れるらしいので、朝から並ぶことにした。
朝7時半から並んで前には既に50人ほど。プラネタリウムは開業してから2年経っているので、昔ほどは混まない様だ。この日は12時すぎまでチケットがあった模様。



9時20分頃、中に誘導。ここでチケットをゲット。



さて、早速中に入ると、見たこともない広さのドームが! そして真ん中に存在感のある投影機が備え付けられている。


名古屋市科学館のプラネタリウムはカールツァイス製

カールツァイス製の投影機だ。ちなみに、上映中は撮影禁止だが、普段は写真を撮っても問題ない様だ。東京の未来館なんて、上映もしていないときにカメラをみた途端、速攻で注意されていた人がいたが、あそこまでやる必要はあるのかと思うがな。



調整卓はコニカミノルタ製。調整卓からの光は、星の投影を阻害しないよう、殆ど放たれないような設計になっている。



このシートがまた大変快適な設計。チルトするのはもちろん、左右にもパンするので、星を全部見渡す事ができる。

プラネタリウムは、有人による解説が行われ、途中で星座表、分度器、カーソルなどが巧みに登場して説明を補佐してくれている。演出的なナレーションではなく、真面目な解説。
星は肉眼で星空を見ているようなごく自然な見え方。ドームがとても大きいので、太陽系から銀河系へ宇宙旅行するシーンでは体が飛んでいる錯覚すら覚える。
このプラネタリウムは本当に観に行って良かった。

大平さんはメガスターとはコンセプトが違うと、ブログでもツイッターでご本人が言っていた通り、メガスター、カールツァイス製、どちらも大変素晴らしいプラネタリウムだ。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
全角で「あ」をタイプしてください。Japanese language only.

コメント:

トラックバック





Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]