[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

シリアル通信のテストが手軽にできる「RS232Cテストツール」MIDIもOK2013/07/05 20:56:02



PIC16F1455とPIC16F1459の2つのデバイスのシリアル通信がソースコードレベルでビルドすることが出来たので、簡単なUSBシリアルの実験は当面これで困らない。
詳しい説明は、「PIC16F1455(PIC16F1459)でUSBシリアルの実験をしてみた」で書き留めたので参照して頂ければ幸いである。


RS232Cテストツール 2.22

その際、デバッグで案外便利だったツールを紹介しよう。テキストの電文のデバッグであればwindowsのターミナルソフトや秀ターム、Tera Termなどが代表的であるが、制御信号のデバッグを手軽に行うには適さない。

色々調べた結果、DTRやRTSの状態を制御でき、制御線のモニターが出来るRS232Cテストツールが便利であった。簡単な電文も送信することができる。
シリアル通信を利用したものを自作するときの助っ人となることは間違いない。

追記:
ボーレートが任意で扱えるので、例えば普通は設定できない31250bpsのMIDIのデバッグにも使える。またボーレートの許容を探るときにも使えそうだ。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
全角で「あ」をタイプしてください。Japanese language only.

コメント:

トラックバック





Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]