[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

クリップ付きLEDスタンドルーペをパワーアップ2021/09/29 16:41:47



2年半位前に購入したクリップ付きLEDスタンドルーペ。意外と使っているアイテムの一つ。最初ガラスかと思っていたが、どうやらアクリルらしい。アルコールで掃除すると樹脂が劣化する様なので、乾いた布で手入れするのが正しい様だ。
ちょっとひびっぽいのが入ったけど、実用上問題無いので使っている。ただちょっと暗いかなと思って、半ば強引にLEDをパワーアップしてみた。


LEDスタンドルーペパワーアップ!

秋月で扱っているパワーLEDがあったので取り付ける。これがまぶしい位光る。



分解は、プラスチックカバーを外して隠しねじを2本外すと分解できる。



基板むき出しだが、こういう風に取り付けられる。



LED交換だけでは物足りないので、スイッチの抵抗を無効化する改造。PチャンネルFETを使って改造。FETは2SJ377とか2SJ688とか、パワー系のであれば大抵OK。




回路図はこんな感じ。既にブログでは何度か掲載しているものだ。




FETを格納。いつもの空中配線。抵抗は1/8W抵抗で4.7Ωに交換。だいたい300mA程度流している。




全体を均一に照らしてくれるので作業がやりやすくなった。



ルーペは必要な存在なので、これは助かる。




以前作った卓上LEDランプを改良2021/09/28 09:19:30


自作LEDランプ

随分昔に、リブレット20を所有していた頃、LEDバックライト化を考えていたが、秋月で購入した白色LEDがあまりにも青に近かったため、LEDランプに転用していた
その後、スイッチをPICマイコンとFETで自己保持回路を作って電子化して使っていたが、PICマイコンの電源を電池から取っていたので、全体で2.8V以下になると電圧が落ちてPICマイコンがリセットがかかってしまう。このLEDは最大輝度で電池から約400mA位流れるとき、電圧降下で1セルあたり0.8Vになるが、待機時の電圧は1.2Vもあるので、もったいない。
今まではちょっと手探り時に使う程度だったが、電池を最大限使えるよう改造しよう。



というわけで、改造。こちらが改造済み。電源は秋月のLMR62421を使用。何かと応用が利く。
輝度変更として、50kΩ半固定抵抗に並列に10kΩのボリウムを付ける。
PICマイコンは、SC59パッケージの米つぶみたいなPICを使ってみようと、PIC10F322を使う。はんだ付けする前にファームの書きこみを済ませる必要があるので、実装した後の書き込みに対応するなら、ソケットにするのが良かったかもしれない。



PICマイコンは電池から5Vを生成する。回路はHT7750Aで、定番回路に紹介済



電池が0.8V以下になるのを知らせる警告灯を付ける。これはエネループを利用した時の過放電対応。PICマイコン+ADCでもできなくはないけど、たまたま在庫であった2.8Vの電圧監視ICがあったので利用。(S80827CNYB PDF)これは5~6年前にマルツで買った部品。




手書きの回路図。自分の覚え書きなのできれいではないが。回路図なしで作ってたけど、自分が将来困るので、現物見ながら書き留めた。
簡単に動作を説明すると、電源ボタンが押されたら、シリコンダイオードのワイヤードオアで両方ともLowとなり、その時強制的に電源がシステムに投入。PICマイコンのファームが動き、RA2よりデジタルトランジスタをオン、電源のFETが常時オンになり、電源ボタンがリリースされても電源が入りっぱなしになる。
この状態で、電源ボタンを再度押すと、RA1を監視していたPICがLowと認識すると、PICマイコンが今まで保持していたRA2をHighにすることで、ボタンからリリースされたら電源が落ちる仕組みになっている。この方法は、待機電流を一切使わない唯一の方法である。応用されている装置も多い。
スイッチの自己保持回路として、参考になれば幸いである。

動作は消費電力を抑えるため32KHzにしているが、その何百倍もLEDが消費しているので、結局スリープなども使用しなかった。
回路図中、電源の分圧部分にコンデンサを追加したのは、電源投入時にふわっと光らせるようにしたかったため。
輝度調整のボリウムは手持ちの10kΩ可変抵抗をホットボンドで固定。50kΩと並列に入れている。



これで電圧が3本で2.3Vでも、バッテリーロー警告LEDが光るが、ちゃんと明るく光ってくれる。



この時は1セルあたり0.8V、普通なら捨てて良い電圧である。
実験では、3セルで1.2Vまで動作したので、1セルあたり0.4Vまで光り続けることになる(相当くらくなるので実用的ではないが、電池照明としての役割は十分果たしてくれる)



電池で動く装置が動かなくなっても、1.2V程度余ったりしていることが多いので、電池をリサイクルできるようにして活用していこうと思う。

電池のチェッカーは以前作成したこれが役に立っている。


マウスの動きを良くしてくれるマウスソール2021/09/27 09:07:05


マウスの動きを良くしてくれるマウスソール

パソコンはまず毎日つかうので、マウスやキーボードはいつも酷使されている。マウスで決定的にダメになっていく部分は、マウスの滑りを良くしてくれる「マウスソール」という部分。
ある日「マウスの動きが重いな(物理的に)」と思ったら、底面に張り付いている樹脂の欠片がどっかいってしまっていたり、横にずれてべたべたになったりしている。

こうなると、作業効率が極端におちるので、両面テープで直したり、シリコンテープを貼ったりとしていた。

Amazonを見るとマウスソール単体で売っていたので、レビューのよいこちらを購入。



今までのマウスソールを剥がして取り付けると、なんという事でしょう。滑る滑る。正直舐めてました。極端にいえば、球を転がしている感じ。滑りすぎて最初は操作に慣れが必要なくらいだ。ほんと大げさでないので、マウスの動きが鈍いなと思ったらぜひ試してほしい。
マウスの動きが快適になると、手首の負担が相当減るので、健康にもよい。

ちなみに、このマウス、使いやすく安いので1年に1回程度買い換えている。欠点としては、左右のラバーが数か月でベタベタになっていくこと。別にラバー無しでも使えるので、ベタベタが気になるのであれば、最初から剥がしておくことをお勧めする。


ヤマハPiaggero「NP-12B」分解(3度目)2021/09/26 08:28:01



2017/12に購入した61鍵キーボードは、今でもたまに使っていている。88鍵より場所をとらず49鍵より弾きやすい。

ただ、内蔵音源は少々物足りない。MIDIインターフェースで手持ちのSC-88Proの音を鳴らす事は出来るが、そのたびにパソコンに接続する必要があるので、何かないか調べたら、USBホスト接続MIDI変換アダプターなるものが存在する事を知り、Amazonで手配。これをこのキーボードと音源の間にいれてやれば、パソコンがなくても音源を利用できると考えたわけだ。

結果、音は出たが、少しすると音が鳴りやまないとか、打鍵しても無反応とか、演奏は困難だった。これか故障か仕様か分からないが、開封後10分で返品処理した。Prime会員で良かった。



前回分解したときは、ヘッドフォン端子交換ついでに何となく基板をカメラに収めていたが、よく見ればMIDI入出力の端子が出ている事を発見。Korg Monotribeの様にMIDIデータが出力されていればという淡い期待を胸に、ねじのたくさんある面倒な分解をまたしても試みた。


ヤマハPiaggero「NP-12B」分解

結果から言うと、MIDI信号は出力されておらず残念。おそらく開発時のデバッグ端子で、それ専用ファームウェアで使用されていたか、あわよくば隠し起動による方法や部品の実装変更だけで使えるようにできているかもしれない。私が開発者なら、多分そうするw
当然の結果と言えばそれまでなんだけど、MIDIが出力されているロマンだけで行動力が生まれる。



せっかく開けたので、もうちょっと観察。まずはJTAGの端子。



MCU。ARMっぽいが詳細不明。



DAC AKM4430 2 Vrms 出力搭載、3 V 駆動 192kHz 24-bit ステレオ DAC
この楽器、製造日が2017年なのでEOLのこのデバイスは工場在庫品か。



電源。ロームっぽい。



発振器。おそらく48MHz。兼USB用か。


という事で、今はアリエクスプレスで懲りずにUSBホスト→MIDI変換を手配中。到着したらレビューしたいと思う。プラットフォームはアリエクだけど、オリジナルがこちらで、動作確認リストにNP-12があるから多分大丈夫だろう。



Amazon Basicバッグを買ってみた~その後2021/09/25 08:11:35


コスパの良いAmazon Basicバッグ

カバンをドライアップで洗濯。ドライアップは自宅でドライクリーニングできるところがいい。これのおかげでクリーニング代が相当節約できている。

ところで、このかばんを買ったのが2年と8か月前。テレワークが2年弱続いているが、これにノートパソコンを入れて移動しているので結構使っている。

今まで持っていたブランド物のカバンと違ってほころび方が遅く、カバン本来の機能を果たしてくれている。ショルダーはトゥミのおさがりを使っているが、2千円もしないこのかばん、本当に実用的でお勧めだ。(15.6インチ≒40センチ)



ノートパソコンの樹脂を漂白して真っ白2021/09/24 12:48:58



ただいま遅い夏休みの最中。秋分の日も近いというのに、日中30℃以上の日が続く秋。

テレワークでは自宅にいても精々洗濯物をやる位だったので、ここは腰を据えて要らなくなったものを色々処分する。しまっていた中に、去年メルカリで入手したこのレッツノートが出てきた。自分のレッツノートの修理用として入手したが、結局WiFiのスイッチ不良だったので、一台はまるまる予備機となった。それにしてもキーが黄色い。前回鍵盤を漂白した時の様にやってみるか。

この古い黄色くなった樹脂を戻す手法、レトロブライトというらしい。




ワイドハイターEX。この過酸化水素とかが紫外線と反応し、黄ばんだ樹脂をリセットしてくれる。



まずはノートパソコンのキー外し。壊れても良いつもりでやってたけど、慣れると結構サクサク取れる。コツは少し斜めにしながら、パンタグラフの止まっている長手方向にちょっと力を加えて奥側を持ち上げると外れる。パンタグラフ部品が残る場合があるけど、随時修理。シフト、スペース、エンターキーだけは、金属ステーが入っているので慎重に外した。



飾りキーも外れることが分かったので外す。



64個のキーを外した。金属ステーは無理に取らない方がいいみたいだ。今回はEnterキーについて、留め金の樹脂が欠けてしまったので漂白後にプラリペアで修理したが、やっぱり古いので樹脂がもろくなっている可能性がある。



キートップを1.5リットルのペットボトルへ投入し、漂白剤と水を1:1で混ぜる。キーが浸る位入れてハンガーでひっかけてベランダへ放置。Enterキーだけはペットボトルに入らないので、別トレーでラップをかける。



後日、光量アップさせるため、余っていたホットカーペット用の断熱マットを輪ゴム止め。

ペットボトルは紫外線のカット量が多いと思うが、そのまま放置できるので楽である。あと、ガスは1週間の間では発生していなかった。ガスと反応はしないと考えて良い様だ。



晴天が3日ほど続いたのでペットボトルの中身を確認。半分は十分な白さ、あとの半分はあと一息ってところだ。トレーにキッチンペーパーを敷いて、日光が真上から当たるようにきーを上にして洗剤投入後、ラップをかける。家に十分な広さがある場合なら、最初からこの方がラップが薄くて紫外線も通しやすいのでお勧めである。



全体で合計一週間後、白くなったキーボード。良く水洗いし乾燥させたあと、一つずつ丁寧に戻す。戻すときも結構コツがいる。最初は中々嵌らず苦戦したが、これも慣れるとパチパチ入れられる。



処理前は、こんなに黄色かったのが、


ノートPCのキートップを漂白後

最初のキーボードの色とは思えない白さ。Iと1まちがえてたw キーテストOK



左が今回漂白したの、右が自分の持っているノートPC。白さが殆ど同じになった。
このPCはWindows XPマシンはPC98とかレトロPCで1.2MBのフロッピーディスクフォーマットで必要になったりするので保管。VMWARE上のXPではだめで、リアルなマシンが必要なため取っておいている。

断捨離とかあるけど、安易に断捨離すると、本当に必要な時に調達で苦労するので、十分注意されたし(´・ω・`) ←ここ



古くなった電池は早く処分するのが吉2021/09/23 23:45:13


古くなった電池は再利用を考えない方がいい

家庭の電池の総点検。自作の電池チェッカーで電圧を計りつつ選別。
棚にしまってあったLCRメータキットの電池ボックスから液漏れ電池を発見。その他は電圧が1Vくらいのが出てきた。



電池ボックスは御覧の通り、金属がふしょくしてしまっているのと、買っても知れた値段なので廃棄。お気に入りの製品じゃなくて良かった。
液漏れでよく耳にするのがテレビやエアコンの液漏れ。特にエアコンは貸与物件なので液漏れはちょっと厄介である。




電池を交換したとき、交換年月日を電池に書いておくと、あとで交換目安などで重宝する。
電池の種類でマジックで書けないのもある様だ。最近のAmazonの電池、同じ単三でもマジックで書くとインクをはじくので、



OPPテープ(セロハンテープじゃ劣化するので)を張り付けてその上からマジック書きをした。

随分昔は、電池容量が1~1.2V程度あったら捨てずにとっておいたのだが、その保管した電池も液漏れするし、中途半端な電圧を使う場面は殆どないので、思い切って捨てるべきだろう。
捨てるとき、電極に絶縁用のテープを貼るが、養生テープみたいな粘着力の低いのは、少し時間が経つとはがれるので、OPPテープでしっかり止めた方が良い。(写真冒頭で養生テープで処理してたのが剥がれたので、急きょOPPテープで養生)

スプレーの噴射ボタン2021/09/22 13:58:49


CRC 5-56の噴射ボタンは保管しておくと便利

CRC 5-56に代表する呉工業のスプレー製品にはこんな噴射ボタンになっていると思うが、意外と無くしやすい。特にストロー状の部分とか無くすと部分的に塗布したくても困難を極める。
エアーダスターもそうなんだけど、使い切ってからこの部分だけをとっておくと、いざという時に重宝する。


廊下のワックスがけとか2021/09/21 13:41:39



そろそろ引っ越しから4年が経とうとする。ビニールフローリングの輝きはくすんでしまい、それなりに生活感のある部屋になった。4年前は初々しかったなw
今日は天気が良いので、1年くらい前に買ったワックス剤があるから廊下だけでもやってみるか。



ワックスがけ実施。思った以上に重労働。下ぶき2回、からぶき1回、乾燥15分、塗布15分、乾燥30分後さらにワックス塗布して乾燥。

仕上がりは、新居の時の輝きと滑りをほぼ完全に取り戻した。
リビングはやらなくていいかなw

これ以外にも、エアコンの分解掃除と、風呂釜裏の掃除、換気扇などの掃除も行った。ついでに、4年近く使ったホットカーペットカバーも交換。


デジカメDMC-TZ30のオーバーホール2021/09/20 14:03:53



時代はスマホで撮影というのが今の風潮。スマホで撮影されたのはOneDrive経由でパソコンから取り出せられるので便利である。しかし、接写とか解像度の事になると、私の持っているArrows F-01Kより、このずっと使っているデジカメが今でも重宝している。Eye-Fiのサービスが無くなってから、SDカードを撮影の度に抜き差しして使っていたので、最近SDカードに関するトラブルが多くなり、ついにSDカードを入れても認識しなくなった。買ってから9年も経っているから無理もない。
オーバーホールしよう。


DMC-TZ30分解

分解をした方がいないかネットで検索。ありました。ねじを6本外せばカバーを開くことができる様だ。ということで分解。フレキシブルケーブルを外す難易度が高い以外は、意外とあっさりした作り。



裏蓋は電子部品が無いので、超音波洗浄機とマジックリン+水で洗浄。これがとても良く落ちる。買ってから結構使っているアイテムの一つ。




ただ、内蔵基板を外すのは敷居が高そうだったのと、分解しても本来の目的であるSDカードへのコネクタへの端子アクセスは難しいと判断し、ここまでにした。
幸い光学系の部品が外れたので、ケミカル的な物が使える。




オーソドックス、かつ一番手軽なのが、クレのエレクトロニッククリーナー。食べ終わったやきそばカップ麺の容器を敷いて、SDカードの端子にまんべんなくこの溶剤をかける。ただそれだけ。
乾いた後、ケースについた溶剤痕をアルコールで拭き取る。



あとは元通り組み立てるだけ。
こんな簡単な修理だけで、SDカードの抜き差しで認識しないとかライトエラーとかが一切出なくなった。






Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]