[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

海外で売っている温水シャワーの構造がやばい!2019/03/04 00:05:49


海外で売っている温水シャワーの構造がやばい

みんな大好きYoutube。最近ぶっ飛んだものを発見した。家電などのレビューをするDiodeGoneWildさんのチャンネルから。

これはお湯が無くても電気の力でお湯にすることができるシャワーヘッド。220V仕様。



この中で瞬間的にお湯にするらしいのだが、これを開けると、




は?アース線が鎮座しているだけ。プラズマクラスターかw
そしてこのフタも開けてみると、









はああああああ??????
電熱線がまんま裸ででてるじゃん! 端子もむき出し!

    水、 入る よ ね (´・ω・`)




例えば、手に持っているこれはマグカップ用の湯沸かしヒータだけど、電気が露出しているところなどなく、安全に使用できる。これが普通の設計なのだが、こいつは220Vもかかっている電源が常に水につかっている状態で使われる。



原理はシャワーヘッドに溜まった水の圧力でスイッチが入って電熱線で沸かす仕組みだ。
画期的

そうじゃないwwww  なぜ直接水につけたし!?(´・ω・`) そして、リーク分をあの緑色のアース線で電流を回収する力業。



ちなみに、動作中はアース線に0.17Aも流れている。日本だったら漏電ブレーカー一発で飛ぶし、そもそもそういう論議でもないw



アースを施工されていても絶対に浴びたくないw 怖すぎるw



動画を見るとコスタリカとかグアテマラとかで使われている事例を紹介しているが、アース線がつながってなかったりして本当に危険だ。

冗談みたいな本当に実在する温水シャワーヘッドだったのが衝撃だった。



 




動画の方では、より詳しく説明していて、温度は電力を食う割にさほどあったかくないとか、Part2では投稿者自信が体を張った検証もしているw
こんなんで命を落とさないでくれと願うばかりだ。

もし、海外旅行で、シャワーヘッドに電線が出ているものがあったとしたら、避けた方がよいだろう。つうか、こんなもの売るなよw


コメント

_ 鍛冶屋 ― 2019/03/06 08:22:36

"カレンタドール"懐かしいです。
パッケージの言語にありますよう主に中南米向け製品だと思われ、彼の地ではごく一般的な家電製品でした。自分も、賃貸アパートの備え付けだったため1年ほどお世話になりましたが、幸い生還出来ました^^)。

動画の製品は、ホントかなり危ないですよね。
通常は、ポットに入れる式のような金属製ヒーターか、粗悪な製品でも石英管(セメント?)のようなモノにニクロム線は入っていて、一応(!)絶縁されてはいました。
しかししかし・・・、経年でダイヤフラムのゴムが破れると、そこからスイッチ部にも水が回ってしまいリークします。シャワーヘッドに頭や手を近づけるとピリピリ感じますので(公称115V地域)、あぁ破れてるんだなぁ・・・っと分かります。
現地の知人に頼まれて何個か修理したこともありましたが、今思いだすとゾッとします(当時は感覚が麻痺していたんでしょう^^;)。

_ air_variable ― 2019/03/10 14:30:39

鍛冶屋さん、こんにちは。
中南米に住んでいた事があったのですか。貴重な体験を伺えてよかったです。

あの小型湯沸かし器をカレンタドールっていうんですね。
このカレンタドールも、ニクロム線露出型があって怖いですw

シャワーのはアースが外れて、更に電気のニュートラル側が切れた時を考えると、とても恐ろしいですw
安全性よりも経済性を優先する傾向なんでしょうか。
法的に守られている日本で良かったと思っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
全角で「あ」をタイプしてください。Japanese language only.

コメント:

トラックバック





Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]