[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

XBee設定ツール X-CTU version6を使ってみた2013/09/24 13:31:14


XBee設定ツールX-CTU6.0.0

XBeeの設定ツールX-CTUが全面的にリニューアルされたversion6が公開されたので、いんすとーるしてみた。ダウンロードはDIGIインターナショナルのブログから、Sign Up for XCTU Beta!の所にメールを登録すればダウンロードが可能。


登録しなくてもパスなしでFTP公開しているので、ftp://ftp1.digi.com/support/utilities/
から、40003026_1P.exe をダウンロードしても持ってこれる。




インストール完了。



こちらはVersion5の場合。



こちらはVersion6。機能としては、Version5と大差ないが、グラフィカルユーザインターフェースが充実している。マウスカーソルをアイコンの上に置くと、アイコンの意味が表示されるから、マニュアルを見なくても使える。



XBEEシリーズ2を自動で検出させてみた。このように設定項目が分かりやすくなっている。
更新なしが灰色、値が標準値出ない場合は水色、値変更で未書込は緑、値が範囲外のはピンクでフォーカスされるので分かりやすい。書き込みは鉛筆マークで個別に書くことも、一斉に書くことも可能だ。



コンソールも使用可能。

但し、Version6で決定的にVersion5と違う所があり、検出ボーレートが固定になっている。
Ver5では手打ちで、例えばMIDI通信のボーレートである31500と手打ち出来たのが、こちらは標準設定値以外のボーレート設定は不可である。

以前紹介したMIDI信号をワイヤレスで飛ばす目的ではVersion6は使用できないのでご注意を。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
全角で「あ」をタイプしてください。Japanese language only.

コメント:

トラックバック





Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]