[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

PICでDCモータを回してみる2013/09/01 08:32:27



とある案件で、DCモータを駆動する実験を行っている最中。



モータドライバはロームーのBD6211を使ってみる。これは2つの入力切り替え端子にそのままPWM波形を入れると速度コントロール出来るものだ。BD6211は7Vまでの耐圧に対して、BD6231は36Vまで使用可能。VREFという端子を使えば内部PWMで速度制御ができる。




評価した結果だが、モータとPICの電源が異なる様な使い方はちょっと難しい。ブレッドボードで簡単には評価出来ず、ユニバーサル基板で評価してみたが、今回は見送り。RA-130モータ位の負荷で動かすのは、電流耐量を考慮した設計が必要。
悪い石ではないので、いつかは使ってみたい所だ。既にエレキジャックブログに記事がある。


専用基板がスイッチサイエンスから発売している。


単体では秋月から

  →BD6211F
  →BD6231F




NJM2670D2も入手。2チャンネル分のDCモータができるのだが、パッケージが大きい。
これも今回パス。



定番のTA7291Pを使えば作例もたくさんネットで見かけるし、無難に動かすことができるが、今回は基板を小さく作りたいので、下のテキサスDRV8830とDRV8832を候補にした。



DRV8830はI2Cタイプ、DRV8832はポート制御タイプ。これは秋月で購入したものだが、便利なモジュールはストロベリーリナックスで扱っている。

  →I2Cモータードライバ・モジュール DRV8830ストリベリーリナックス

DRV8832はロームとモータドライバとよく似ているが、内部の方式回路がちがうので、入力端子にPWMを入れられない。代わってVrefのアナログ電圧端子があるので、ここを利用可能。
マイコンでPWMした出力をCとRの積分回路で入れてもOK。


PICでDCモータを駆動実験

結局、PICでPWMを作るのをやめて、DRV8830を利用したI2C制御に変更。なんといっても、速度制御の約64段階のVrefをI2C経由で設定出来るのが便利だ。

今回はデータ通信ができるのを検証するのが目的なので、写真の様にブレッドボードを使って作ったが、モータを動かす時はしっかりとした電源を引き回して作らないと、すぐにICのエラーセンサが働いて動かないだろう。






Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]