こうして夜が更けていくのであった