[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

Windows10で左上に表示される音量以外の表示がでてしまう時の対処方法2019/08/17 16:44:34


Windows10で出るこれ、Chromeのしわざ

お盆休みもそろそろ終わり、今年は家で映画やアニメを見続けて終わってしまったw
休み前まで超絶忙しかったので、こんなだらけた10日間を過ごすのも、また格別である。

ところで、最近windows10で音量調節をするときに、左側に音量が出るのは仕様なのだが、更に横の方に再生や早送り、巻き戻しの大きなウィンドウ表示が出るようになった。

Windowsアップデートの影響かなと、思ってそのままにしていたが、この表示が音量を変えてから数秒は鎮座するので、裏に隠れたメニューとかを触ることができない。マウスを数秒操作しなければそのうち消えるが、正直この機能は要らない。邪魔の何物でもないので消してしまいたい。



調べてみると、何とこれグーグルクロームブラウザの機能であり、Windows10は関係がない。
Chromeをインストールしている方だけに発生するのだ。

消す方法は、Yahoo知恵袋で見つけた
1.Chromeを立ち上げ、アドレスバーに chrome://flags を入れてEnter。
2.検索バー(Search flags)に”Hardware Media Key Handling”と入れ検索。
3.「Hardware Media Key Handling」右のボタンから”無効(Disabled)”にする。
4.Relaunch Nowをクリックしておしまい。

という事で、普通の音量調節表示になった。
困っていたらお試しあれ。

新しい機能が便利で有益であるとはイコールではないけど、マイクロソフトなどのソフトも見ていても分かる通り、供給側にある程度寄せながら使うしかないのだろう。


スマホやGoogle Homeで電源操作できる!Switch Botを買ってみた2019/08/18 17:06:07



Amazonを何気に見ていたら、WiFiでコントロールできるコンセント「Switch Bot」なるものを発見。
値段が2000円以下で買えるのを知ったので、いきなりぽちっと注文。



これは、家庭にWiFi環境が備わっている場合、コンセントにこのプラグを差し込めば、スマホからリモコンができる優れもの。更に、スマホ回線でも外出先からもオンオフができるのだ。
必要なものは、
WiFi環境一式、メールアドレス、スマホがあればよい。



ちょっと幅広のコンセント。もちろん技適も取れているから日本で堂々と使用できる。



テーブルタップに挿してみた状態。丸い部分はオフライン時の手動スイッチになる。また設定するとき、長押ししてWiFiと認識させる。



Switch Botでスマホからコンセントを操作

扇風機につないてみた。



セットアップは、スマホアプリやiアプリよりSwitch Botをインストールし、そこでメールアドレスとパスワードを設定した後、購入したSwitch Botと紐づけして使用ができるようになる。



専用アプリでは、状態の表示とリモコンがタップで行える。




また、電力積算計が付いているので、ホットカーペットなどの使用量に役立つかもしれない。
コンセントの能力は15Aまでなので、大抵の電化製品は使用できる。内部はかちっと音がするので、リレー式の様だ。
外出先から制御できるので、暖房やはんだごてなど、電源の切り忘れで不安になっても、外出先から電源を切れる安心感は、この上ない。

これだけでも利用価値はあるのだが、AlexaやGoogle Home (Mini)があればもっと便利に使える。私は以前に購入しているので、早速設定。



Google Homeから追加でデバイスを追加するだけ。



Googleと連携させるをタップし、Switch Botを追加する。
あとは、プラグに名前を付けた呼び方で呼ぶか、コンセントをオンしてとかオフしてとか言うだけで良いのだ。

例:おーけーぐーぐる、コンセントをオンして

これでコンセントがオンになるし、オフしてと言えばオフする。扇風機につないだだけなのだけど、結構これが便利。その他色々な応用ができると思う。

他にも、従来シーソースイッチに対応したシリーズなどもあるので、興味があれば色々見ると面白いだろう。

今までは、自作でここまでやろうとしても、すぐに数万円かかったりしていたし、独自サーバーつくらないとならなかったし、WiFiのモジュールだけでも2千円なんて飛んでいくので、出来合いでここまで便利になれるのであれば、買った方がいいかなと思った。時代だね。

Google Home  ※Amazonでは販売されていません


東京ビッグサイトでアマチュア無線4級を受験してみた2019/08/31 23:07:37



今日は東京ビッグサイトへ。以前に告知していたアマチュア無線の試験日だ。


アマチュア無線試験4級を受けてきた

ハムフェアの開催時に試験がある。試験会場はビッグサイト左手にある会議室で行われた。
2人で参加た都合で、今回は試験のみで、ハムフェアは参加しなかった。
参加に必要なのは、3x2.4cmの写真2枚、鉛筆・消しゴムとボールペン、受験料(五千円強)、申請用紙(120円)があればOK。年に2回ある受験のみ、予約なし当日受付の様である。
試験は4アマ午前と午後、3アマは昼頃にある。



午後2時20分前には着席。午前の参加者は150人近くいたようだが、午後は40名ほど。年齢は小学生から5,60代位まで幅広く参加していたが、20~30代が多かった感じである。3アマを勧められていたが、モールスの勉強まで手が回らなかったので今回は4アマで受験した。法規12問、無線工学12問の24問を制限時間1時間で目指す。
それぞれ、6割以上の達成で合格だ。といっても間違えられるのはそれぞれ4問まで。気が抜けない。

試験は1時間で、30分経過後に退出可能となる。私は15分位で全部終わってしまったので、マークシートを数回チェックし、30分には退出。

試験前の学習は、最終的に「第4級アマチュア無線技士 過去問題集」を全問数5回行い、80~100%になるまで繰り返し続けた。1回は約3時間位かかるので、15時間位ぶっ通しで勉強した。
最初は、30~50%をウロウロしていたが、次第に回答率があがっていった。

試験終了後、1時間も経たないうちにホワイトボードに合格者が張り出される。そう、この試験は即日結果が分かるのである。



結果は・・・・・

合格だ!!! 小学校4年の時と5年の時に電話級アマチュア無線と言われていた頃、田舎の方から、わざわざ札幌まで年1回しか行われない試験に4月に親に連れて行ってもらった記憶がある。その時は不合格で、その後興味がアマチュア無線から離れてしまっていた。
今更ながらアマチュア無線に合格できたのは、感慨深い。







今回の問題。結局過去問題から出題されていた。過去問題さえ完璧に答えられるようになっておけば、丸暗記でまず合格できるだろう。
合格と分かっていても、一応答え合わせをしておいた。


残るは免許申請の2100円を払い、申請書を郵送。そして無線機を手に入れたら、解説手続きも必要らしい。ネットでやれば安くできる様だ。

アマチュア無線のリンク



この本、買ってカバンの中にいれていたのだが、ネットで勉強する機会が多かったので、1度だけ目を通す位だった。

さて、ハンディの無線機でも物色するかな。やっぱり受かったら電波出してみたいw






Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]