[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

ワコム ペンタブレット「タブレットドライバは動作していません」のメッセージ」が出るときの対処2016/06/01 08:03:29



ペンタブレット、慣れる前はもどかしさがあったけど、慣れてしまえば中々便利。アプリケーションツールは使い慣れるしかない。

ところで、たまにこれを使う時、ペンの挙動がおかしいことがあって、プログラムファイル内の「ワコム タブレットのプロパティ」を開くと、「タブレットドライバは動作していません」のダイアログメッセージが。どうやら、windows10のドライバとして動作している模様だ。

ワコムのホームページに対応方法があったが、いちいちドライバを再インストールする方法。さすがに2回目なのでもっと簡単にできないか調べてみる。


ワコムペンタブレットの再起動方法

グーグルでいろいろ検索すると有効な情報があった。内容はwindows7での対応方法であるが、windows10でも、CtrlとShiftを同時に押しながらESCを押してタスクマネージャーを表示させ、サービスタブの左下の「サービス管理ツールを開く」をクリック。数秒後、別のダイアログが表示されるので、Wacom Professional serviceという項目をクリックで選択し、「サービスの再起動」をクリックするだけで復旧する。この操作の前には、ペンタブ使用のアプリは全部終了させておく。
念のため、ワコムタブレットプロパティを開いて、設定が残っているかを確認。
設定のバックアップは取っておいた方が、後々面倒にならないのでやっておいた方がよい。

原因はよくわからないが、長期的に休止でアプリケーションを動作させているので、それが原因なのかもしれない。休止する前に、PaintshopやCLIP STUDIOを終了して様子見。



練り消しゴムではんだ付けをサポート2016/06/02 09:02:33


練り消しゴムではんだ付けをサポート

趣味の電子工作では良くある空中配線でのはんだ付け。空中配線はとても難易度が高く、第三の手となるバイスなどが欲しくなる。

何気に部屋を見渡すと、この前買った練り消し(ヌーベルイレーザー)があったので、部品固定として使ってみた。これが大変効率がよく、はんだ付けができる。



練り消しゴムは意外と熱に強く、もともとは画材用なので、油ねんどや紙ねんどの様な油や水分が付くことがない。保存もビニール袋に戻して繰り返し使えるので、是非お勧めしたいアイテムだ。ワニ口クリップなどのサポーターよりも優秀かもしれない。




PICkit3もEEPROMが書ける(要改造)追記あり2016/06/12 23:15:55



2年以上も前にPICkit2はEEPROMが書けて便利 PICkit3では?」の記事を書いたのだが、その後、書き込める事のコメントを頂いていた。
最近になってEEPROMを読み書きする事がでてきたので、ここに書き留めておくとしよう。

Microchipフォーラムにも同様な質問が寄せられており、PICkit3の部品を2つ外す事が説明されている。この説明書は、PICkit(TM) 3 Programmer Application with scripting supportのテキストファイルに記載されているのだが、気が付きにくいファイルでもある。




改造は、まず以前にも紹介した3か所の抵抗100オームを0オーム(もしくはショート)する改造が必要になる。




PICkit3でもEEPROMはかける(要改造)

次に、TR3(5Vツェナーダイオード)とR50(4.7kΩ)の2つの部品を外す。はんだごてが2本あると簡単に外せるが、そうでない場合は、以前行った銅線などではちまきを作る方法が使える。


さて、これを外した後の影響とすれば、6番ピンがフローティングになることだが、PICの通常書き込みでは使われない所である。PICkit3の未使用ビンの状態がどうなっているのかは、シーケンスが不明なので何とも言えないが、ハイインピーダンスになって心配というのであれば、R50を100kΩ以上に交換するのもいいだろう。(でも、最近のデバイスはESDに強くなった)

ツェナーは外部から電源が5V以上電圧がかかったらバイパスする役目があるが、電流制限がないから保護もあまり意味がないので、取っても問題ないだろう。



改造は以上で終わり。

あとはI2Cに接続するだけである。Vdd部分はIPEの設定でPICkit3から供給出来るかもしれないが、未検証なの不明。

以下、マイクロチップのReadmeより抜粋

> 24LC I2C bus devices:
Bus Speed-
                400kHz with Tools -> Fast Programming checked
                100kHz with Tools -> Fast Programming unchecked

        NOTE: Bus pullups are required for all
              programming operations.  400kHz requires
              2k Ohm pullups. ←400kHzで動かすなら2kΩで外部プルアップしてね

NOTE: The I2C (24LC) Serial EEPROM devices require the following PICkit 3
     hardware changes to work properly:

     Remove TR3 from the PICkit 3.対策した部分
     Remove R50 from the PICkit 3.←対策した部分

        Connections for 24LC devices
        ---------------------------------------
        PICkit 3 Pin             24LC Device Pin (DIP) 接続方法
        (2) Vdd                  8 Vcc
        (3) GND                  4 Vss (GND)
        (5) PGC                  6 SCL (driven as push-pull) プルアップ不要
        (6) PGM(LVP)             5 SDA (requires pullup) プルアップ必要
                                 7 WP - disabled (GND)
                                 1, 2, 3 Ax pins
                                    Connect to Vdd or GND per
                                    datasheet and to set address

> 25LC SPI bus devices: SPIの場合
        Bus Speed-
                ~925kHz with Tools -> Fast Programming checked
                ~245kHz with Tools -> Fast Programming unchecked

        Connections for 25LC devices
        ---------------------------------------
        PICkit 3 Pin             25LC Device Pin (DIP) 配線方法
        (1) VPP                  1 nCS
        (2) Vdd                  8 Vcc
        (3) GND                  4 Vss
        (4) PGD                  2 SO
        (5) PGC                  6 SCK
        (6) PGM(LVP)             5 SI
                                 7 nHOLD - disabled (Vdd)
                                 3 nWP - disabled (Vdd)


        Connections for 93LC devices 93LCデバイスの配線方法
        ---------------------------------------
        PICkit 3 Pin             93LC Device Pin (DIP)
        (1) VPP                  1 CS
        (2) Vdd                  8 Vcc
        (3) GND                  5 Vss
        (4) PGD                  4 DO
        (5) PGC                  2 CLK
        (6) PGM(LVP)             3 DI
                                 7 PE - enabled (Vdd)
                                 6 'C' Device ORG
                                    Set to select word size

11LC UNI/Oというデバイスは、ほとんど馴染みがないので割愛。

というわけで、PICkit3でMicrochip MPLABX IPE(後日調べてできない事が判明。追記参照)でも、スクリプティングツールでも書き込みができる。


2016/6/12追記


   MPLABX IPEは、MPLABX IDEをインストールすればインストールされる。
    スクリプティングツール同リンク先のDownloadArchivesか、ここ(zip)をクリック

残念ながら、MPLAB IPEではPICkit3でのEEPROMをサポートしていない。なので、スクリプティングツールを使って書くことになる。


スクリプティングツールのありかは、昔は単一のアドレスにあったのが、わかりにくい所に移動した。まずはここのリンクへ行き、Download Archiveをクリック。ずっと最後の方に、ようやくPICkit3 ScriptingTool Ver3.10が出てくるので、これをダウンロードする。もちろん、このページ内にはPICKit2のツールや、旧ファイルがある。



インストールするとき、Windows7やWindows10の場合、インストーラー起動後にインストール先を指定する所で、C:\Program Files以外の所を指定する。これをしないと、Windowsの保護機能で、エラーとなり、毎回終了時に上記のエラーに遭遇する。
私はC:\tools\Microchip\PICkit 3 v3を指定した。なお、Pickit2の場合はエラーにならない。



起動して、まずやることは、PICkitのファームを書き換える作業。これを行って初めて、ScriptingToolが使える様になる。指定するファイルはおそらく一つ見えるのがあるので、それを選択。一見数十秒以上止まった感じになるが、1分位待っていればOKだ。

なお、PIckit3(2も同様)をMPLABに使うことを想定して、Revert MPLAB Modeを選択すれば、もとに戻る。これをしなくても、MPLAB側でケアしてくれるはず。


--------------------------------------------------------------------------
実際のデバイスの追加

さて、今度はデバイスの追加をやってみる。
アトメルの24C1024が手持ちにあるので使いたいのだが、このままでは利用ができない。





マイクロチップの24LC1025ととても似ているのだが、実際はアドレスの17ビット目の位置が違うため、正常に読み書きができないのである。



そこでPK2DeviceFile.datを書き換えることになるが、この意味が良くわならないで右往左往していると、Microchipフォーラムに有益な情報があった
PICkit2 Device File Editor.exeを使えば、内容を変更できるようだ。

といっても、新規でデバイスを追加はできない様で、似たデバイスをDuplicate機能でコピーし、パーツ名を変更して使う。


最初にPK2DeviceFile.datをコピーしてオリジナルを保存しておく。そして、このエディター起動後にFileからPK2DeviceFile.dat読み込む。




流用したのは24LC1025



Part Nameを24C1024(Admel)とし、Configの[3]を0にした。その後FileからSaveでおしまい。ツールを終了してPICkit3を立ち上げる。

たった1つの違いではあるが、ここまで調べるのにいろいろと時間がかかった。




これで、128KByteのテストデータを使用してWriteやVerify、Eraseなどの動作を一通り行って問題が無いことが確認できた。

但し、A1,2,0のアドレス指定はできず、チップ側ですべてGNDに固定する必要がある。この部分は更にデータの修正が必要と思われるが、いろいろ複雑であり、今後の研究としようと思う。



もちろん、PICkit2でも使える様になる。



また、この内容を理解するために、PICkit2SourceGuidePCv2-61FWv2-32.pdfなどを参考にした。
更に、PICkit2 Device File Editoでは意味不明なAA何とかとかいう記号も理解できた。
このツールをうまく使いこなせられたら、今後発表されるPICやEEPROMに対応できるだろう。


なお、私が修正したファイルや128KByteのテストファイルなどはこちらからダウンロード(ZIP)できるようにしてある。あなたが使用しているPK2DeviceFile.da.datの名前を変更してバックアップとし、ダウンロードしたファイルに差し替えるだけでAtmel24C1024が使用できるようになる。
(なお、ご使用は自己責任でお願いします。)


Atmel AT24C1024 Datasheet 秋月
Microchip 24LC1025 Datasheet  秋月なぜかFCの方が安い LCはこちら



※類似品に注意


スマホがメタボ F-02G2016/06/18 20:24:55



今から1年半前に購入した富士通docomo ARROWS NX F-02G。購入当初はとても快適に使用していたのだが、アンドロイドOSが4から5.02にアップデートされてからとはいうものの、なんだか動作がもっさりして、アプリが安定しない事があったりする。

まあ、それでも毎日便利に使っていたのだが、液晶の真ん中あたりが膨らんできていることに最近気が付いた。




液晶の裏もぷっくらと孕んでいる。電池が膨らむ典型的な例の様だ。



液晶の部分の真ん中が膨らんで隙間ができている。


スマホがぷっくり

あれま、こんなに隙間があると、たぶん防水効果も失われているはず。そういえば、最近カメラの内側が結露していたから、これが原因だったのか。

というわけで、nanacoやEdyなどの電子マネーをバックアップして、他のデータもバックアップ。
地元のドコモショップは予約でいっぱいだったので、近いところを調べたら中野店が空いていた。明日ドコモショップに予約したので修理依頼予定。もしかしたら無償になるかもしれない。
有償でも保障プラン入っているので、買い替えるよりは安いと思う。

この5年で、スマホがないといろいろ不便な世の中になったな。2年縛りまであと半年か。次はソニーとか欲しいな。

追記:

結局、修理すると電池交換だけでも12,000円位、更に膨らみによる歪もあって、それ以上の値段になるとの事だったので携帯保障で税込み8200円で同一機種交換となった。
dポイントがある程度溜まっていたので、実質6500円位で済みそうだ。後日新しい同じ機種が郵送される。

前回の機種は、もろに水没で交換。今回は通常使用での不具合発生。
正しく使用しても何があるか分からないから、携帯保障は入っておいた方が無難かもしれない。


気になるPICマイコン2種の紹介(PIC16F1716、PIC18F25K22)2016/06/19 23:29:10


オペアンプ内蔵PIC

久々に秋月の通販を利用した。前回は1年半前だ。そうか、最近は本腰を入れて電子工作やってなかったな。というわけで、気になるPICを買ってみた。

★PIC16F1716 (データシート) (秋月
これはオペアンプが2つ、DACが8ビットが大きな特徴。内部発振もPLLが入っている。ということは、これ一つで音声出力ができる可能性を秘めているのだ。DDEの様な波形ジェネレータもワンチップで出来るかもしれない。

色々な希望を抱きながら調査中。180円


USARTが2chあるPICマイコン

★PIC18F25K22(データシート)(秋月
一見普通の18FPICであるが、国内で小売りしているUSART(シリアル通信)が2本あるPICだ。
つまり、これで通信の仲介とか、XBeeなどでの通信アダプタなどに利用できる。

普通の16/18PICはUSARTは1本しか持たないものが殆ど。シリアル通信を2つ持ちたい場合は、片方をソフトウェアUSARTにする事になるが、オーバーヘッドなどを考えると、プログラムが面倒になる。このデバイスなら、スプールバッファだけ用意すれば、単純に処理に専念できるだろう。
通信電文を混合させるインジェクターや、特定の電文を抽出するデテクターなんか作れそうだ。
値段はなんと200円。32Kバイトもプログラムエリアがあるのが嬉しい。


積みPICにならないように、アイディアを膨らませてみるw


伯父、ご逝去2016/06/27 20:12:35


無料写真素材フリー「花ざかりの森」
無料写真素材フリー「花ざかりの森

今朝方、伯父がお亡くなりになった。ブログでわざわざ書くのも理由があっての事で、伯父との出会いがなければ、電子関係に進むこともなかっただろうし、このブログだって存在しなかっただろう。それ位に私の人生を大きく変えた方であった。

ホームページ側のこちらでも少しかいている。


電子との出会い
私が電子を始めたのは、小学4年生の頃に、当時農家であった祖父母の家に遊びに行ったとき、2階に叔父がいた部屋へこっそり上がっていった所にガラス球が数個とアルミのジャバラのようなものが載った鉄がむき出しの状態で机に置いてあり、それに魅せられたのが最初でした。いじったら怒られるのは子供でも分かってはいたのですが、トグルスイッチを跳ね上げ、パチンと入れると、その隣にあるむき出しになったスピーカーからラジオが鳴ったのでした。本棚には、トランジスタ技術、初歩のラジオ、ラジオの製作が並べられ、その本を読み続けたものでした。それが初めての電子との遭遇となります。
2008/03/23

いまでもその部屋を思い浮かべる事ができるし、それからというものの、親に部品をねだったり、電気やさんで個別の部品を買ったり、NHK教育で回路図を写して作ったりしたものだ。


今日は、仕事でどうしても休めない事があったり、場所が北海道なのですぐに行ける距離ではなかったので、残念ながら駆けつけることができなかったが、母親や妹、北海道の親戚一同が急きょ対応してくれた様だ。

謹んで、お悔み申し上げます。
今までありがとうございました。






Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]