[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

PICkit2はEEPROMが書けて便利 PICkit3では?2014/02/12 23:59:59


2016/6/3追記:PICkit3でもEEPROMは書き込めます。ただし、改造が必要です。こちらへ

---------------------------------------------------

PICkit3でEEPROMが書けるのか?

PICkit3でEEPROMが書けるのか?そんな話題がツイッター上であったので調べてみることに。
検証ROMはアトメルの24C04があったので、リストで24LC0Bを選んで接続。

接続方法
 2:電源
 3:GND
 5:SCL
 6:SDA(要プルアップ)
 EEPROMのA0~2、WPはGND



まずはMPLABXをインストールすると一緒に付いてくる書き込みソフトIPE。リストには存在するが、書き込もうとしても赤い信号表示、つまり未対応なので書き込みはできなかった。PowerをPICkit3から供給しても同じ。



今は公式での公開を止めてしまったPICkit3スプリクティングツールを起動させてみた。PICkit3専用ファームを転送後、リストを選択するも、あえなく玉砕。このことから、残念ながら現時点ではPICkit3ではEEPROMが書き込めない模様だ。(ファームを書き換えたPICkit3をMPLABXで使う時は、PICkit3のボタンを押しながらUSBに差し込んでプログラムを書き換える必要あり)



ではPICkit2ではどうなのかというと、



書き込みも読み込みも普通で出来る。電源チェックは不要。



Program Memoryの部分で直接数字を編集して書き込めるのでとっても便利なEEPROMツールに早変わり! 液晶ディスプレイなどに搭載されているVESA策定のDDCの情報の読み書きなんていうこともできてしまうw(書き込みについては、装置内でライトプロテクトをかけている場合あり)

PICのリアルタイムでのデバッグには欠かせなくなったPICkit3ではあるが、PICkit2はこういう使い方ができるので、流通しているうちに購入しておくのがオススメだ。


PICKit2のピン配置に対する対応ピン一覧表

モードPICHCSUARTI2CSPIMicrowireLogic Tool
マイクロチップKEELOQ非同期NXP(旧フィリップスセミコンダクタ)フリースケール・セミコンダクタ(旧モトローラ)ナショナルセミコンダクターLogicAnalyzer
規格--無手順I2C specifications ver 2.1(PDF)

日本語ver2.1
Latest ver 4.0
SPI
Block Guide


(本家よりデータ取得ができないため、ミラーとしてNew Mexico Institute of Mining and Technology)
MICRO WIRETM Serial Interface(PDF)  
デバイスPICxxHCS20x, 320,360, 361-24LCxx(8pin)25LCxx(8pin)93LCxx(8pin)  
PICkit 2のpin1 VPPVpp
(vddと10kΩでプルアップ)
2 HCS360, 361 only--1 nCS1 CSOutput only 
2 VddVdd8Vdd (Vcc)8 Vcc8 Vcc8 VccVddVdd
3 GNDVss5GND4 Vss4 Vss5 VssGNDGND
4 PGDRB76RX in 
ロジックレベル
-2 SO4 DOI/OCH1
5 PGCRB6/3 HCS20x, 320
\3 -or- 4 HCS30x, 36x
TX out
ロジックレベル
6 SCL
プッシュプルドライブなので、プルアップ抵抗は不要
6 SCK2 CLKI/OCH2
6 AUX---5 SDA
(Vddと2kΩ程度でプルアップが必要)
5 SI3 DII/OCH3
デバイスのピン処理---1, 2, 3 Ax pins
デバイスのデータシートを元に、VddかGNDにしておく。一つならば通常はGNDでよい。

7 WP →GNDへ接続
7 nHOLD - disabled (Vddへ接続)

3 nWP - disabled (Vddへ接続)
7 PE - enabled (Vdd)

6 'C' Device ORG 
word サイズによりVdd/GNDを選択
  
その他-HCSxxx File -> Import HEx Notes:
The first line only may be imported from SQTP
*.NUM files generated by the KEELOQ tool in 
MPLAB.
150~
38400bpsを1bps単位で指定可能。

送受信はBusyランプで表示。

PICkit2アプリ以外ではUART動作はできない。
400kHz:Tools -> Fast Programming にチェック

100kHz:Tools -> Fast Programmingのチェックをはずす
925kHz:Tools -> Fast Programming にチェック

245kHz:Tools -> Fast Programmingのチェックをはずす
925kHz:Tools -> Fast Programming にチェック

245kHz:Tools -> Fast Programmingのチェックをはずす
ターゲットからの電源をつなぐ。

4,5ピンは4.7kΩでプルダウンされているので、その影響を考慮する必要がある。









Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]