[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

シリアル通信デバッグに便利「シリアルコマンドエクスプローラ2」の紹介2013/02/27 18:39:04



マイコンを使った開発に、今でもよく使われるシリアル通信。USBやBluetootheが普及しても、中身はシリアル通信を使ってアクセスしているのが多い。

簡単な通信テストならwindowsに標準で入っているターミナル使ったりTera Termなどを使う事が殆どではないかと思う。
しかし、反復したコマンドをその都度打ち込んだり、コピー&ペーストを続けるのは効率が悪い。


シリアルコマンドエクスプローラは便利なツール

今回紹介するのはシリアルコマンドエクスプローラ2というソフトウェアだ。これは古くから存在しており、最近のバージョンアップではCOM番号が255までサポートしているからUSBシリアルでも問題なく利用ができる。ボーレートは110~256000ボーまで対応。残念ながらMIDIの31,250ボーには対応していない。

特色としては、データーの双方向のモニターがバイナリー、アスキーで行える、クリックで予めきめられた電文を送信できる、ログを記録できると、シンプルな構成かつ必要最低限の機能にまとめられたツールだ。



送信したいデーターは、ファイルを予めテキストで作成しておき、*.sceで保存しておく。
これをシリアルコマンドエクスプローラ2で開くと、左ウィンドウ側にコマンドを送出できる部分が出てきて、ダブルクリックやフォーカスしてスペースやEnterを押下すると送信ができる。
もちろん、普通のターミナルソフトの様に手動で送信も可能だ。



使用方法は、わかりやすいヘルプがあるので、それを一読すれば使い方が理解できる。
デバッグのお供としてシリアルコマンドエクスプローラ2を是非おすすめする。





余談だが、変則ボーレートはPICkit2が使えるので知っておくと便利だったりする。
または、私が紹介しているLCDシリアル通信表示はMIDIボーレートに対応させている。



コメント

_ R4000 2.2 ― 2013/02/27 22:29:34

以前に知って以来、今でも便利に使ってます。
連続送信がないのが惜しいとこですが、フリーソフトにそうなんでも求めちゃいけませんよねぇ。
#相手の都合も考えずにパカスカ送ってくる機器とのデバッグで必要になったので。
#まぁ、ACKが返せない単方向通信てのがそもそもイタいところですが。

_ air_variable ― 2013/02/27 23:52:11

意外とフリーソフトでこのようなのが見当たらないですね。
これを知った時、こんな便利なソフトがあるのかと目からうろこでした。
シリアル通信、確かに最近はハードピンでのハンドシェークはおろかx-on/offすらない、制御なしがあって、待ったなし再送要求なしの機器は確かに存在していますw

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
全角で「あ」をタイプしてください。Japanese language only.

コメント:

トラックバック





Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]