[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

危険物取扱者試験乙種第4類試験合格!2012/09/03 23:46:13



日曜は危険物取扱者乙種第4類の試験日。教本は7月下旬に買っておいたが、学習を本気で学習したのは、試験前一週間からである。とにかく暗記しか方法がない。何度も声に出して読んだり、紙に書いたり、webで見つけた過去問題を解いては間違えた部分を復習していった。似たような語句が多く、中々覚えるのに難儀した。試験当日も朝から昼まで勉強した。

東京は笹塚が会場だった。試験センターの会場はとても広い所で行われた。東京は1日で3回実施していた。私は午後3時から2時間の試験。受験者層は若い人が多く、女性が2割程受験に来ていた。

この試験は法規15、物理化学10、性質と消化10問の合計35問の5択。法規9問以上、残りは6問以上正解しなければならないのでまんべんなく勉強が必要だ。出題数が少ないので、1問1問の点数が重く、一つ一つの設問を正確に答える事になる。問題用紙は持ち帰ることができない。
試験時間は2時間。1問約5分と時間には余裕がある。


ひと通り解答して、4回位見直す。計算式が2箇所あった。過去の問題集を解くのがこの合格の鍵となるだろう。過去問題から似たような問題が多数出題されていた。出題された問題は公開されていないのがちょっと残念である。

試験発表は、なんと次の日の正午にはにWebで結果が分かるのだ。とても早い!早速合格発表にアクセスしてみる。そして恐る恐る自分の受験番号を探す。

 (`・ω・´) あ、あった。  もし、不合格だったら

    (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

とか書いて、お茶でも濁そうかと思っていたが、一安心。これで私はガソリンとか灯油とかの第4類危険物に属する取り扱いが出来るようになるわけだ。

受験番号が結構抜けている。合格率は約3割強との事だ。最初に受ける人が多いのが、この乙4試験なので、他の種別の危険物取扱者より合格率が低いようである。
試験実施状況によれば合格率は34.7%と3人に1人しか合格していない状況だ。


危険物取扱者乙種4類合格

早速申請封筒を準備したwww あとは合格証が来るのを待つだけ。
そういえば、今週の金曜日に第二種電気工事士技能試験の結果発表があるんだった。




さて、合格したら試験本はもう使用しないので、先着1名の方に送料こちら持ちで進呈しよう。
鉛筆でマークしている部分があることと、折り目などが少し入ってしまっているが、それでもよければコメント欄でご連絡を頂ければと思う。 →進呈の応募は締め切らせて頂きました


9/6追記


インターネットでの合格発表から間もないのに、早速合格通知書が届く。早い!
この書類、2800円を振り込んだ領収書、返信封筒(380円切手貼り付け)、手元の免状、そして私の場合は写真の再提出(4.5x3.5cm)を420円の簡易書留で送れば、免状が郵送されてくる。



結果の正解率が出ている。法令が66%と言うことは15問中5問不正解があったのか。後2問間違えると不合格。結構きわどかった。物理化学は2問不正解だった。
この試験は似たような語句が多くて暗記が肝となろだろう。









Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]