[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

東レ 浄水器 トレビーノ カセッティ MK203X を分解してみた2012/08/24 23:59:50



浄水器のカウンターがゼロになった。交換したのが7月なので2ヶ月も経たないでの交換。
氷を作ったり、麦茶にしたり、麺類が多かったから浄水を使う事が多かった。



600リットルを通した後のフィルターは目に見える程汚れている。いつもはここで新品フィルターの交換で終わりにするのだが、この浄水器を買ったのが2007年9月。もう5年も使用しているものである。

フィルターはまめに交換しているのに、本体が5年も使ってなにもメンテナンスしてなんだから、ちょうどいい機会なので分解掃除してみることにした。


浄水器の中を分解掃除

中を分解。ドライバーで1箇所ネジを外し、マイナスドライバーでケースを開けていく。
予想通り汚れていたが、思ったほどひどい状態でもなかった。台所用洗剤と古い歯ブラシを使って部品一つ一つを掃除してく。



シャワー部分は、水垢が蓄積して穴からの水量がマチマチだったので、穴を1つずつ爪楊枝で掃除していく。



これがカウンター部分。左右の白い部分に突起部分がある所が押しボタンスイッチ。シリコーンゴムで防水が施されている。スイッチごとシリコーンで埋めて防水する技法は、防水対策をする何かに応用できそうだ。



基板は、樹脂で封止されて完全に防水されている。マイコンは52ピンタイプのマイコン。型番などは読み取ることが出来ない。8ピンのデバイスは恐らくEEPROMで、現在の使用水量とカートリッジの情報が入っていると推測される。電池を抜き取っても記憶されている訳だ。



水量計の部分。水車が入っていた。



水車には磁石が取り付けてある。



水車の部分が収められているパイプにセンサーがついている。2本の線で接続されているので、おそらくリードスイッチと予想される。リードスイッチは意外にも動作周波数が高く、500Hzまで動作する。水車は水量計測の他に、マイコンの電源が入るきっかけを作っている。



掃除が終わってひと通り観察したので、組み立てる。



赤さびは綿棒で結構落ちる。このサビなどが、フィルターで綺麗になってくれる訳だ。



パネル部分は、シールで液晶部分と接着されていたようだが、粘着力が無くなって乾いていた。
液晶部分は完全防水なので、貼り付けなくても問題ない。



組み立てなおして完了。



元に戻して動作テスト。これ以前の浄水器はカウンター無しを使用していたが、カウンター付きの方が無駄なくカートリッジを使う事ができる。これで一つスッキリ。

この浄水器MK203はロングセラーでカートリッジも比較的安いのでオススメな浄水器である。
水道水と浄水器の水は、はっきりと味が分かる程変わる。コストは1200リットルで6000円位(実際はもう少し安く買える)で、1リットルあたり5円。水を買うよりも断然お得なのである。





Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]