[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

KORG monotribe分解 →MIDIも出ていた!2011/06/01 23:45:17

※6/4一部追記、修正があります。

※8/23 シリアルクロックはmidi信号であった事が判明しました。よって、本文を一部訂正致します。改造ソース元は、スウェーデンのGAMEBOY GENIUSのサイトのMonotribe ,MIDI and meの記事で、コメントも頂いた方です。日本語ではタケダノヲトのサイトにて情報が纏まっております。



KORG monotribe購入

KORG monotribeを色々いじり倒していて、やっぱり中身が気になったw



ネジみっけ!

【警告】
ブログ内容で製作・改造・分解記事について、研究や学術の目的のために公開しているものです。分解したことによる不具合、解析結果について一切の責を負いません。また、メーカー保証も受けられなくなる行為であることをご了承下さい。

と、毎度ながらの事を書きつつ、




開けてしまいますた!!! 電源スイッチのボードを取った状態。




アルミダイガストのパネル。素敵!



コネクター部分。電源回路はここに搭載。3本のネジで基板の剛性で固定されている。





丁寧に作られているコントロールパネル。




スピーカーと電池の基板



そこに乗っていたデバイス。不明。



電源回路のLSI。TPS62112 電源IC 







昔からある汎用4個要りオペアンプ。レールトゥレールでないので、バイアスのかけ方が中点にできないが、なんといってもコストが安い。オリジナルはナショナルセミコンダクター社

裏側の方は、フラックスが多く、ICの型番が分からないので、フラックス洗浄剤を使って、フラックスを除去し、型番が見えるようにしている。



もう一つ使われていた。



ここには、高精度のレールトゥレールオペアンプが使用されている。この装置のキーパーツとなる部分だろう。



KORG monotribeはARMコアが入っている

なんとARMコア?東芝製だ。分解する前は、アトメルあたりかなと思ったが、ちょっと意外だった。




こいつが色々やってくれている。




恐らく SN74AHC14
グルーロジック。やっぱりテキサス。



ファンクションは古典的デバイス。スイッチかLEDの時分割に使われている?やっぱりテキサス。



おそらく電源レギュレータと思う。形から見ると新日本無線ぽいな。パッケージはSOT89-5。
           ↓
追記:
RP170H331 リコー製で3.3V300mA流せられるタイプであった。ARMコア用3.3V電源とCN12の3.3V出力もIC9もこれが使用されている。




テンポの横の半固定抵抗器。これはなんだろう?



性能を上げるために、こういうポイントからアーシングしている。こういうところがノウハウの賜物。
以上、ざっと見た感じ、半導体はテキサス社のが多く使われていた。





これ、シリアル通信ポート。製品ではどこもコネクターで繋がらないのに、日圧のPHコネクタ6ピンが出ている。なにかデータが出ているんだろうか。興味のあるところだ。

 → なんと、MIDI信号だったのだ。 タケダノヲトのwebへgo




SYNC OUTの波形。これはTempoが大体中点位置の場合。約190ms毎(約5.3Hz)にパルス状の波形が出力されている。



波形を拡大。0.4Vあたりで急に立ち上がり、緩やかな立ち上がりを見せてから、その後一気に0Vとなる。電圧は約5Vのインターフェース。立ち上がりのなだらかな肩は同期として使えないと思うので、おそらく立下りを利用すると思われる。



これは、テンポを最大にした場合。テンポを変えたところで、パルス波形の広さは変化しない。



グローバル設定でSYNC OUTを反転(3番)した場合の波形。




拡大。同じく立下りを利用すると思われる。


※追記 シリアルコネクターの解析



どうしても気になったので、CN13(上)とCN12(下)を解析。まず、CN13は電源を含めシステムに何一つ接続されていない。恐らく、CN12のツールと兼用する空き座を設けたのではないかと予測する。CN13の名前はI2CかSPIか?

CN12は、オシロやテスターを使い、東芝のARMコアのデータシートと照らし合わせて解析した結果、以下の接続になっている。


 1:IC11-20(/BOOT)
 2:IC11-12(RXD0) 
 3:IC11-11(TXD0)
 4:VDD(3.3V)
 5:GND
 6:IC11-29(SCK1)


BOOTピンは、リセットをかけた時LOWを検出して動作するようだが、楽器として使い倒していないので、なにかあって機能すらしなくなるのも悲しいので何もしていない。

 → なんと、MIDI信号だったのだ。 タケダノヲトのwebへgo



シリアル通信の解析は、手持ちのRS232C変換基板を使った。オシロスコープで観測。
ボーレートは38,400bpsであった ← (´・ω・`) 正確に測らなかったばかりに・・・・ 
ただ、秀termやTeraTermでは文字化けして、どんなデータが送られてきているか確認できない。




バイナリーデータが確認できる唯一のソフトSCE2(シリアルエクスプローラ2)で確認すると、バイナリーとして送られている模様。待機中は一定間隔で0xF0が来る。うーむ。テキストがバシバシ来るかと期待していたが、見事に外れた。 なお、データ送信について、やはり楽器として使えなくなるかもしれないので、送ることは行っていない。 

  ごめん、へたれなんだ  (´・ω・`) 更に輪をかけました(´・ω・`)(´・ω・`) 

一応、解析はここまでとしておこう。SYNCの仕様が分っただけでも、同期化させるヒントが取れたと思う。

 → なんと、MIDI信号だったのだ。 タケダノヲトのwebへgo







Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]