[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

【ニュース】チリ鉱山事故、次々救出→33名無事救出2010/10/13 22:00:30

チリ鉱山事故、次々救出


チリ鉱山事故、次々救出 最年長63歳含め11人
 【コピアポ(チリ北部)=堀内隆】南米チリ・コピアポ郊外のサンホセ鉱山で起きた落盤事故で地下約700メートルに閉じこめられた作業員33人を引き上げる作業が12日午後11時(日本時間13日午前11時)すぎに始まり、13日午前9時半(日本時間同日午後9時半)までに11人が救出用カプセルで地上に戻った。8月5日の事故発生から70日目。同月22日に全員の生存が分かって以来、2カ月近くにわたって続いた救出作戦が、最終局面を迎えた。  最初に救出されたのは、現場の副責任者フロレンシオ・アバロスさん(31)。33人のうち唯一のボリビア人だったカルロス・ママニさん(24)や最年少のジミー・サンチェスさん(19)、最年長のマリオ・ゴメスさん(63)らが次々と救出された。今のところ、生還者の健康に問題はない模様。救出順は健康度や鉱山での経験に応じて決められ、33人のリーダー格だったルイス・ウルスアさん(54)が最後になる予定だ。 ~後略 2010年10月13日21時1分 asahi.com




まだ全員救助していないので予断を許さないが、700メーターに2ヶ月以上も過酷な条件で過ごした中での生還。まずはおめでとうと言いたい。

実の所、救出された方は、もっと毛むくじゃらになって疲れ果てた状態かと思ったのだが、身なりを整え、大統領、家族らと抱擁し、70日も地下で過ごしたとは思えないバイタリティを感じた。生きる希望を持った方々というのは、こういう事なのだろう。 今回は事故で巻き込まれてしまったが、人の最大の目標は、生きるという事を改めて考えさせられた。

追記 33名が全員救出された模様だ。

「作業員の自分に誇り」=最後に生還、沸き上がる歓声―現場監督ウルスアさん・チリ
~前略
 白さを増したように見えるひげが、過酷な地下生活を物語る。疲れも見せず、出迎えたピニェラ大統領に「次はあなたの番です。こうしたことが二度と起きないように願っています」と述べ、今回のような事故の再発防止に取り組むよう求めた。その後、大統領や先に救助された作業員と生還を喜び合い、「ビバ!  チリ」と高らかに国歌を歌い上げた。  ウルスアさんは鉱山作業員歴30年以上の大ベテラン。サンホセ鉱山で働き始めて数カ月後に出くわした大事故だったが、落盤発生時は現場監督を務め、33人のリーダー的存在だった。豊富な救助知識を生かし、地下避難所に残されていたわずかな缶詰や牛乳などを少しずつ食べつなぎ、地下空間を複数個所に分けて、可能な限り快適な環境確保に努めたのもウルスアさんだった。
 ~ 後略  時事通信 10月14日(木)11時32分配信




感極まって、その場で国家をみんなで歌う大統領が居るチリは、本当に素晴らしい国だ。




Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]