[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

はやぶさのプラモデル製作途中2010/08/01 22:18:49

今日は久々にまとまった時間が取れたので、前回からのはやぶさの色塗りを行った。

はやぶさのプラモデル製作途中


さてらいこ.jpの方のブログの様に、太陽電池の配線まで綿密に塗っているのは、大変素晴らしい。自分はビギナーなので、とりあえずプラモデル指定型番でベタ塗りしていくことにした。カプトンテープとかはその後に考えよう。8th way to explore the worldのブログでは、とんでもなく手の込んだ作りに挑んでいる。いやあ、恐れ入った。

使用する色は、小惑星探査機「はやぶさ」プラモデル到着を参考にしていただけると良いだろう。
筆は、ベタ用として100円ショップにあるものを買ったが、模型店で売っている筆の方が、毛が抜けにくく、極細も用意されている。

水性カラーは臭いがきつくないのが良い。はやぶさの場合、太陽電池用のキャラクターブルーのみ油性塗料だ。


はやぶさのプラモデル製作途中

殆ど塗り終えた。さて、乾いたら組立だな。組立して、タッチアップ。そろそろエンジンの光らせるプログラムを作るか。

中学生以来、プラモデルは組み立てなかったのだが、はやぶさに心打たれると、その思いを模型に託すという事なのかと今更思った。

色塗りは現物の写真をじっくり見たりするので、塗っていくうちに、細かい部分まで脳に焼き付けられていく過程がまた楽しい。このプラモデルをよく発売してくれたと思う。

さっきのさてらいこ.JPのブログに、はやぶさのカプセル展示の情報が詳しく載っている。都内でも8/15~19の丸の内オアゾJAXA-i(REN4に仕切られてしまったアレ)でも見られるのか。



プラモデルの完成にはドラマがあった。


「はやぶさプラモ」大人気 葵区の制作会社、賭け実る



「はやぶさプラモ」大人気 葵区の制作会社、賭け実る
前略~ 
案を持ちかけると、周囲は「はやぶさって何?」「地球に帰ってくるかもわからない。やめたほうがいい」と冷たい反応だった。エンジンが壊れて絶望視された帰還の可能性は残っていたものの、本当に帰還できなければ製品は売れないかもしれない。だが、「はやぶさに賭けてみよう」。12月、プラモデルの生産が決まった。

~中略~

 ただ、帰還前に発売するには、時間がなかった。プラモデルの商品化には、設計やプラスチックを流し込む型の作成で1年ほどかかる。急いで設計を進め、型の作成も急ピッチで行った。長谷川さんは「うちの会社では快挙に近いスピードで作った」と振り返る。半年の制作期間で6月4日に発売した。はやぶさが帰還する9日前だった。 

 その帰還日、長谷川さんはインターネットの中継に目を凝らした。「奇跡的だった。よくやった」。日本中がはやぶさの快挙にわき、プラモデルも飛ぶように売れていった。初回の製造分はあっという間に売り切れ、現在は3回目の製造に入っている。

 ~後略  2010年8月1日 asahi.com マイタウン  静岡  記事

そうか、プラモデル完成にこんなエピソードがあったのか。更に目頭を熱くさせるぜ。

アオシマBLOG(BOTじゃないよ)

【標準色】順番:白、黒、銀、金、銅、消黒、明灰、C青
(株)GSIクレオス
 水性ホビーカラー  H1,H2,H8,H9,H10,H12,H61
   ※キャラクターブルーは水性で指定なし。
 ミスターカラー    C1,C2,C8,C9,C10,C33,C35,C110





Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]