[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

電灯リモコン(コスモ21シリーズ)改造2010/04/30 23:28:16

コスモシリーズワイド21 とったらリモコンは便利

部屋のあかりのスイッチは、パナソニック電工のスイッチで、スイッチの上にリモコンが磁石で張り付いている。このリモコンのお陰で、良くありがちな電気のヒモで寝る前に操作しなくても済む。

しかし、これは小さいので、なくしやすい。そして、ボタンも操作感がイマイチ。まあ、仕方ないかと思っていたが、やっぱり何とかしたくなった。

リモコンを作ろうと思ったが、既製品を購入した方が、部品を集めてPICマイコンなどで作るより、安上がりなので、楽天経由で購入。


早速分解 リモコンだけ別売しているWTC56919W

早速分解。分解は基板の上に張っているシールをドライヤーで温め、左下の方からピンセットを差し込んで剥がした。

なんと、このシリーズの調光・タイマー機能のリモコンのスイッチがあった。ケータイやデジカメで赤外線送信部を覗けば、赤外線の点灯確認ができるので、早速確認。使用されていない4箇所のスイッチも赤外線送信している。試してはいないが、恐らく兼用できるであろう。

また、銅箔が露出している所がある。ハンダ付けに便利だな。


基板全貌

基板の裏側。マイコンと440KHz発振子、スイッチ、赤外線発光ダイオード、トランジスターと数点のコンデンサ、抵抗類で構成されている。



CPU 回路は調光式のWTC5692WKと兼用

このマイコンは「0257C62」という型番。これは中々偉い動作をしており、


ボタンを押した時だけ発振回路が動く省エネ設計

ボタンを押された時だけ発振回路が動作してから、リモコンが動作する仕組みである。CR2025ボタン電池だけで2年(一日2回で)も持つ訳だ。


この電池ボックスに組みたいけど入らないな・・・・

さて、これを別のケースに移すとしよう。ここに入れられたらいいな。


基板を切断

というわけで、大胆にカットwww


電池の配線

単3電池ボックスの中の要らない部分をニッパーとペンチで取り去り、単3電池2本で動作するように改造。これで、計算上は8年以上は余裕で持つはずだ。


ちょうど入った

基板に予め銅箔のパッドがあるのでハンダ付けしやすい。赤外線送信部分の穴をあけて、基板もジャストフィットだ。

写真では、アルカリ電池を使ったが、リモコンや時計など、電気があまり消費せず、長期間入れる装置には、マンガン乾電池を使用したほうが良いだろう。参考文献 三洋電機のホームページより。

ボタンが押し易くなり、失くしにくくなった

これで完成。スイッチが押しやすくなり、操作性がよくなった。これでリモコンを見失う事もないだろう。赤外線発光ダイオードがちょっと小さいので、大きいものに取り替えて、スイッチの上に出した方が良いかもしれない。

この「とったらリモコン」の受光ユニットを家庭内のスイッチと取り替える場合、電源を別に引いているタイプと、そのままスイッチと置き換えられる2つのタイプがあるが、VVFケーブルを引っ張ってくる場合は電気工事士の資格が必須である。取り付けたい場合は、電気工事をしてもらえる所か、資格のある人にお願いしてみると良いだろう。ただのスイッチ交換なら資格不要。詳しい説明はこちらへ

それと、このシリーズは従来スイッチからの置き換えである2線式と、受光ユニットに電源を供給する3線式がある。2線式は簡単に置き換えられるが、電灯数などに制約があるので、確認が必要。3線式にすれば間違いないのだが、電源線を新たに引いてくる必要がある。
これらの情報は、パナソニック電工のカタログで確認しよう。

尤も、ユニットにコンセントとヒューズをつけて、別の筐体に組み込めば、資格なしでも、リモコンスイッチとして利用は可能だ。その場合は迷わず3線式を購入しよう。

[PR]電工配線器具(Panasonic) とったらリモコンセット WTP56219WP
[PR] WTC56219W




Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]