[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

シルバーウィーク ~大阪2009/09/24 08:40:51

大阪 天満橋のラバーダックは9月27日まで展示
シルバーウィーク中の旅行初日は大阪に行く事にした。大きな渋滞も無く大阪に到着。
 以前に「水都大阪2009」のラバーダックを紹介したが、そこへ行ってきた。車で近づいた時は正直現実離れしてワラタww
 天満橋へ着いたのは夜8時頃だったが、程々の人で賑わいをみせていた。水のカーテンにスクリーンを映し出すショーもやっていたが、目玉はやっぱりラバーダック。それに写真を向ける人多数、やっぱり実物はいいねー。わざわざ関東から遠征した甲斐があった。ラバーダックは「水都大阪2009」の会場内に9月27日まで展示しているとの事。※「水都大阪2009」は10月12日迄
ライブカメラ
ライブカメラで現在のあひるを見ることができる。天神橋方面にすればokだ。
初めての心斎橋
天満橋の駐車場は24Hという事で、地下鉄でなんばへ行く事にした。地下鉄も初めての利用。その時のエスカレータが右に寄って乗るというのが関東と逆で、この感覚が新しかった。まるで車の右ハンドルと左ハンドルの違いくらいインパクトがある。電車を一度乗り換え乗ること約10分、初めての心斎橋。こんな時間なのに人だらけ。活気があるねー。うまいところは色々あるだろうが、おのぼりさんなので、まずはお好み焼きを食べに「ぼてじゅう」へ行って腹ごしらえをした。大阪は安くて美味いものが多い。
心斎橋近くのグリコのネオン
心斎橋なら有名な心斎橋のグリコのネオンだな。それにしても夜の10時半とは思えない賑わい。この格好、なにか似てるな。
芸術は爆発だ!(千里万博公園)
芸術は爆発だ! という事で大阪万博跡地の千里万博公園にある「太陽の塔」も見学。実物は初めてだ。近くで見ると本当に大きい。
めったに見られない「太陽の塔」の裏側
後姿も中々迫力があっていい味出している。ついこの間の出来事と思っていたのだが、1970年からもうすぐ40年になるのか。

 Wikipediaより

太陽の塔は、丹下健三が設計した『お祭り広場』中央(やや南寄り)に、広場を覆う銀色のトラスで構築された大屋根から塔の上半分がつき出す形で建てられ、テーマ館の一部となっていた。そのさまからテーマ館サブプロデューサーであった小松左京(SF作家)が石原慎太郎の小説太陽の季節の中の障子を破る場面を連想し、それを聞いた岡本太郎が「太陽の~」という命名をしたとされる。

なるほど、お祭り広場から突き破るというコンセプトがあったわけだ。旅行は色々と歴史を復習させてくれるよな。

[PR] 岡本太郎と太陽の塔 (小学館クリエイティブビジュアルブック)
[PR] 大阪人の掟




Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]