[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

サンライク社小型キャラクターLCD SD1602HUシリーズの調査2009/07/27 08:51:00

小型LCD SD1602HUシリーズを簡単に改造して3.3Vで使えるか?
キャラクターLCDモジュールを簡単に改造して3.3Vで使う が小型LCDに使用できないか検証してみた。結論からすると使えないのでご注意。対策は別発振回路にするか、バッファを入れるかとなるが、手軽に改造というわけにも行かなくなるので、この改造の件は別の機会に紹介しようかと思う。
実験中
まずは、簡単に実験するため、SC1602Bの搭載された基板から信号をブレッドボードに引き出して、そこにSD1602HUのLCDモジュールを取り付けて検証する事にした。電源はPickit2から5Vと3.3Vを出力させて検証する事とする。
小型LCDで表示
とりあえず、5Vで動作した事を確認して、まずはLCDの発振部分を測定。
発振測定ポイント
発振ポイントはここである。
5Vの時の発振 約240Hz
5Vの時は約240Hz。SC1602の場合260KHz程だったのが、少し遅い発振。
3.3V時の発振 約204Hz
3.3Vだと、もっと遅くて200KHzちょっと。汎用のSC1602Bとダイが違うと予想される。波形もなんだかバッファが足りない感じだ。直接外部負荷をつけるのは酷だろう。 コンデンサとダイオードでチャージポンプ回路を組み上げて3ピン部分に入れた瞬間、発振が止まる。どうやらこのままでは使えないみたいだ。
SC1602BをPDS5022Sで再測定
前回の測定器(テクトロニクス社使用)と測定条件の違いから、この波形の信憑性を検証すべく、PDS5022SのオシロスコープでSC1602Bのクロック出力を測定した。
SC1602BをPDS5022Sで再測定 5Vの時
これが5Vの時の発振波形。波形なまりもなく良好だ。発振周波数は255KHz
SC1602BをPDS5022Sで再測定 3.3Vの時
3.3Vの時も同様。発振周波数は240KHz

テクトロニクスで測定した時と、さほど変わらない結果である。

[PR送料無料新製品想定外究極の100Msサンプリング25MHzカラーポータブルデジタルオシロスコープフルセットPDS5022セール品: ¥ 32,800
[PR] 電気に弱い人にもわかるオシロスコープ入門―2現象オシロスコープの簡単操作ガイドブック




Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]