[][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]

過去の記事の検索が簡単にできるよ (・∀・) 例 ランチャー9
カスタム検索

学研の大人の科学Vol.24 4ビットマイコン(GMC-4) キーへのアクセス準備2009/07/12 06:46:22

キーから信号を取り出すには、キーのシールを剥がす。ゆっくり剥がす
これを買ってから、ある事を行おうと思っていたら、あっという間に一週間が過ぎてしまった。こんな調子で伸ばし伸ばしにしていると、本当にやる気が消失してしまいそうになる。とにかく前に進むために製作を開始する事にした。

まずは、キー入力の方から信号を取り出せる様にする事である。まだ周辺ハードが決まっていないので、ブレッドボードでの開発で手軽に使えるように、ジャンプワイヤーを差し込んで使えるような端子台をつける事にしよう。半田付けをするためには、キーのシールが半田が付けられる部分を隠してしまっているので、一度貼り付けたキーを剥がす。低粘着なので、ゆっくり剥がせばOK!
剥がしたキーを埃が入らないようにビニールなどに貼っておく
キーはまた使うので、粘着にゴミなどが入らないようにビニールなどに貼って保管する。
基板の切れ端を使って端子台とする
基板の切れ端を使って端子台とする。マイコン基板と端子台とする基板を両面テープで固定だ。
半田がキーのパターンへ流れないようにマスキング処理
半田付けの時、不用意な半田ミスなどで、キーが利かなくなることの防止や、作業中の汗などで動作不良を起こさないように、キーのパターン全体をマスキングテープなどでガードする。
細い電線で配線(AWG30/0.26程度 半田ノリがよい潤工社のジュンフロン線を私は好んでつかうが)
電線は横4行、縦5列、電源2本の合計11本を引き出した。この縦5列はセンスラインなので、もしかしたらプルダウン処理が必要かもしれないがとりあえずは、そのまま配線。
裏面に電線を回して半田付け配線する
裏面に電線を回して半田付け配線する。
電線に注意しながら元通りにする
電線をプラスチックの筐体と基板に挟まない様に注意しながらねじで固定。その後マスキングテープを剥がす。マスキングテープを剥がした後は、布やティッシュでスイッチの部分を拭いたほうが良いだろう。チョッとした汗でも導通するようだ。
裏はこんな状態 電源も配線している
裏面はこの通り。
動作テスト
キーを元通りに貼り、電池を入れて動作チェックをして異常がなければ完成だ。
これでジャンプワイヤーが差し込める様になった
これで、ジャンプワイヤーが差し込める様になり、信号が簡単にアクセスできるようになった。って今何時だ?・・・・・・・ 問題はこれからなんだがな(´・ω・`) つづく・・・・

(学研関係の記事はこちらから一括で読めます)
[PR]大人の科学マガジン Vol.24 (4ビットマイコン) (Gakken Mook)

今日は都議会議員選挙2009/07/12 16:16:13

今日は都議会議員選挙
投票に行った所で何かが劇的に変わるわけでもないが、行かないのはもっと変わらない。なので、洗濯や掃除が終わったら行く予定。前はバスで近くの小学校へ行って投票していたが、今度は歩いて3分の所になった。

所で、こんな便利な世の中なのに未だにジュラルミン箱に紙と鉛筆。会場設置から開票などの大量な人たちの時間外出勤。実はこういう経費も税金から出されている。バーコードで来場を管理まではするようになったものの、早くネットなどの電子投票システムを導入し、このようなコストを下げ、税金が余った分を有効に使ってもらいたいものだ。

あの有名なお方がニコニコ動画に何気に凄い技術を披露してきたなw2009/07/12 16:47:20

Atiny85+SDカードでWave再生(著作保護のため拡大率を制限しています)
あの電子工作の老舗ページELMのChaNさんは、マイコン野郎にとってはご存知であるから説明は省くとするが、(ググれば出る)ニコニコ動画に、また面白いものをうpしてきたぜ。

ChaNさんは、どちらかというとアトメル派であり、主にそちらの製作記事が多い。PICのミッドレンジを比べると、性能がアトメルの方が上だからね。そういや去年はアトメルがマイクロチップとオンセミコンダクターからの買収劇もあったなー。結果としてはオンセミがやーめたといって、じゃあうちもとマイクロチップもやめたわけなんだが。(ソース

何が凄い事かといえば、AVRの8ピンマイコン+SDカードでwave再生だもんね。恐れ入ります。気軽にとは言えども、これを見た人なら多彩な応用に夢を膨らませるんじゃないのか?AVRマイコンでちょっくら作りたくなってきた。

動画前半は、8ピンデバイスの歴史、中盤は8ピンマイコンの紹介、後半は8ピンマイコン+WaveTable式オルゴールそして、極めつけが8ピンマイコン+SDカードによるWave再生だ。ただ、初心者にとってはまだまだ敷居が高いので、どうすれば良いかなどは色々調べる必要はあるが、反響が大きければ製作記事が公開されるかもしれない。ニコニコ動画ユーザなら、動画説明文にダウンロードできるURLが書いてあるので、そちらからどうぞ。※追記:ELMホームページからプチFATのリンクよりSample projects (AVR) Jun 15, 2009からダウンロードできる模様。

[PR] AVRマイコン・リファレンス・ブック
[PR] AVRマイコン活用ブック―わかるマイコン電子工作




Google
www Blog HP BBS


air_variableサイトをまとめて検索 
カスタム検索
[][admin][mobile][Homepage][BBS][Blog][YouTube][asablo]